2014年12月31日水曜日

今年もありがとうございました。

こんにちわ!ベルリンに無事引っ越ししました。
ネットが1週間以上ない生活でした。

そういえば、トリアで転出届けしようと市役所に行ったら、転入する所に言えば自動的に転出されますから。ってそりゃそうだ。
で、昨日ベルリンの市役所行ったら、家族で来いって言ったから子供連れて行ったら、『今日さ、頭痛いのよ、だから子供達よ出てって』と。
『なんか疲れててね〜。調子悪いのよ』っていいながらアスピリンを飲む彼女。
ドイツ人は、正直で嫌な事や苦しい事は表現する。
逆に、苦しいのに笑顔で居る人は怪しまれるらしい(笑)。

この前も、レジとレジの間にいたら、これ渡して〜!ってレジロールを渡された。
扉を開けてくれたり、ベビーカーを持ってくれたり、逆に手伝ってって言われたり、持ちつもたれつが普通。

ドイツも引っ越しも驚く事に、トリアで大人7人集まりあっという間に詰め、トリアの友達2人がトラック運転して、荷物をベルリンの家に入れてそのまま何も食べずに、乗り合い車の時間だ!っていってトリアに帰ってくれた。
ベルリンでは、これまた同じ位の大人が集まり、あっという間に3階の家に運び入れてくれて、 サラリと帰って行く人々。
引っ越し業者とかあるらしいんだけど、発達してないのは、人と人が助け合うのは当たり前だからなんだと痛感した。
ただ、みんな純粋に手伝いたいからする。その純粋さにいつも感動する私。

そして私も今年2014年もみなさんに純粋に支えられた事を心から感謝しています。
そして、私も純粋な気持ちでみなさんに寄り添えるように、ますます進化していきたいと思います。
本当に今年もありがとうございました。


2014年12月9日火曜日

休みに入ります

こんにちわ。
もう12月ですね。ドイツはクリスマスマーケットが美しい季節になりました。
朝は真っ暗の中、子供達はルンルンで学校に行ってます。
気温は4度かな。雪はまだ。寒いから歩く足が競歩になる。

今週の水曜日は、またまた痔瘻の最後の手術。
明日は、夫に血液が固まらない為の注射を打たれる。
3、4日の入院。今年、産んだのも入れると、3週間くらいは病院に泊まった計算になる。私、小さい頃から病院通いの子だったから、病院は嫌いじゃない。
入院中は、8時間もかけて夫の祖母が、家の手伝いに来てくれる。
自分も身体が痛いの、セラピーしたからよく知ってる。それでも来てくれる。
なんてありがたいんだろう。涙がでる。。。

私の主治医は、ただいま二週間の旅行中。帰って来てすぐの私のオペ。
旅行でリフレッシュした女主治医に、私のお尻を任せよう。
とにかく、こっちは二週間以上の休みをとって旅行に行くのは、普通。
この間も、ドイツ語講座に行ったら風邪で休みの張り紙。
も〜。よくあるんだから。子供の学校の先生もよく休む。
でも、人間だもんね。日本が無理し過ぎなんだかもね。
休んじゃいけないプレッシャー強すぎだよね。

しかも、ドイツの失業率の高さの原因知ってました?
仕事が無くても食べて行けるからなんだよ。保障が厚いのも考えものだけど、それで成り立っているのだから、税金の回し方が上手なんだとおもう。
日本みたいに経済一番ではなく、人間一番なんだよね。
だから日曜日は、大体のお店が閉まります。
仕事も、もの凄くリラックスしてやってる様にみえる。
一石二鳥という言葉を知らぬのか?と言うくらい、1つ1つしっかり
向合う。日本人は一石二鳥的に早く効率がよく見えた。が実は
ドイツの1時間あたりの生産性は2012年で、58、3ドルで日本の40、1ドルよりも高い数値になっている。
大体、年間30日の有給休暇を取るのは義務ずけられていて、6時以降の残業は6時以降は禁止しようという国の動き。
長く働くとウツなど病気になりやすいデーターが出たらしい。

休みをしっかりとって思いっきり遊んで、短時間で、集中してやるときはやる。効率を考えないで、目の前をしっかり行う。
そんな当たり前の人間らしく生きる事の方が、結果もいいのなら、日本もなぜそうしないのか?不思議に思ってしまう。

でも便利さでは、日本は多分世界一だとおもう。時間通りも!
ドイツは、便器がしゃっこい(冷たいの意)事に始まって、トコトンめんどくさいっつ〜の!って最初は突っ込んでばかりだったけど、そのお陰で、めんどくさい事が嫌じゃなくなった。
あまり、生活を簡単にするのも面倒くさがり助長するから、考えものなんだなあ。

もう、長い前戯でごめんなさい。
私もドイツ流に長いお休みに入ります。
手術もあるし、20日にはベルリンに引っ越すので、ただいま頂いている注文で締め切らせて頂き、しばらくお休みさせていただきます。今年、たくさんのご愛顧ありがとうございました。
心から感謝しています。

みなさんの、仕合せを心より祈って。。。。


2014年12月6日土曜日

正体

こんにちわ。本当に今は人の正体がハッキリしてますね。
自分をしっかり見詰められる人と見詰められない人。
自分を見詰められない人は、とにかく何も解らない。
そして、孤独。
でも、それを本人が望んでるから仕方ない。
いつも自分は被害者。あの人が悪い、こういわれて傷ついた、文句ばかり。
人に愛されてる事も感じられない可哀想な人。
長女もその兆候があるから徹底的にいま厳しく向合ってる。
孤独な人はプライドだけが高い。それを誰かが折らないといつまでも孤独のままだ。
そんな人生を送らせない。今は厳しくても、後で解ってもらえると信じてる。
人間同士が腹を割って付き合う仕合せは、体験した人しか解らないから。

私は、最近人間関係が整理されてきている。
気合が要るという意味がよくわかった。正体を見るのは苦しい。
信じて来たものが違っていたりする訳でそれは当然ショックだ。

でも誰だろうが、解り合えない人間と形だけで付き合うのは無意味だ。
私は、愛が相手に響いて、それが大きく膨らんで行く関係だけでいい。
たくさんの仲間よりも愛のある仲間と家族があればそれでいい。
お金で人間関係は買えないし、買えたとしても空しいだけだ。
だから、一番大事なのを大事にする。
死ぬ時に、自分は精一杯愛したと自分に胸を張れればいい。
やるだけやっても、利用する人にはそれが響かない事が昨日解った。
そういう人と付き合う必要はない。
みんなと仲良く笑顔で付き合おうみたいなの、無理だから。
人間だしね。自分が可哀想だからって人に何してもいい理由にはならないんだ。
自分が可哀想な時ほど、愛が試されるんだ。

ということで、みなさんも正体をみるように。
正体をみるのに喧嘩が一番。
愛があれば、切れない。

みんなも本当に自分が大事にしたいものを忘れないように。

2014年12月4日木曜日

無視

グーテンモーゲン。全く、アベコベミクス暴走中ですね。
本人は堂々としてますが、こっちは恥ずかしいばかりです。
安倍さんのFBで反対意見や質問をすると、片っ端から消されるそうです。
官僚がやってるんだろうけど、その時間と金を福島に注ぎ込むべきなのに。
一体、この真実を無視して何処へと向いたいのか?真意を問いたい。

この前、テレビで大阪のお母さん2人にインタビューしたら、『景気がいいなんてちっとも感じない。逆にしか感じない』って言ってたのをみた安倍さんが『あれは町の意見でしょう。ミクロです。マクロ的には景気が上がってる。会社が儲けてますって言うのには勇気がいるんです』ってなこと言ってて唖然。

あの、そのミクロでマクロが出来ているんですよ。
マクロな金持ちは海外に逃げてるって知ってますか?
あなたの撒いたお金は、外国に流れてるって解らないんですか?
会社が儲けてますっていうのに勇気がいるんですか?きっとあなたや官僚の給料をいうのも勇気がいるでしょうね。

Facebookも反対意見は全消去。みんな、言いたい事は一発勝負で書くんだよ!
多分官僚がしてるんだと思うけど、その暇と金を返答と福島に使え!
彼らが見てるのは目先の欲だけ。
いまがよければそれでいい。臭い物にはフタをしろ。
無視無視無視。それで、殺されている国民がどれだけいるかそれも無視。

無志って、志(こころざし)が無いものがすることだ。
志あるものには、恥ずかしすぎて出来ない。

あなたも、無志してません?
ミクロなる一人一人が社会を創っている事を。
自分の持つ力を無視していないか?
自分1人が言ったって年寄りが自民党に入れるから意味ない?
年寄りは、死んでく。放射能の被害も少ない。
それでもこれからの若い人達が、年寄りを説得する事は出来るだろう。
周りを変えて行く事はできるだろう。絶対に諦めないで。

放射能問題は、今も現実に在る。何万年への影響も在る。
無視したくても、それは現実だ。
そして、反安倍だけに消されちゃったけど、上杉さんという真実を一生懸命伝えようとしている人がいる。ラッキーな事に途中まで見る事ができた。
そこで、上杉さんは二年間、公開質問に参加できて挙手し続けたけど、あの質問は事前に決まった人に決まった無いようでしか出来ないんだって。
なぜなら、期間最後の質問の時に挙手したのは上杉さんだけ。
やった!って思ったら『終わりです』って。やらせだってそこで解ったって。
記者会見などもフリーのジャーナリストは絶対に入れないって。全てやらせ。
こうやって、解散したりするとメディアがもの凄い儲かるシステム。
他国に例のないほど、安倍さんはメディアとよくゴルフや食事をするそうで。
メディアは本来、政治の真実を語るものだろうに、仲良しさんとはよく出来ている。
この国が変わらない訳だ。

そして、公約に無い集団自衛権と秘密保護法案の決行も国民が立ち上がるべきだと言っていた。するべき公約をしないで、公約にない自分の都合のいいものを決行したのは罪になるのに、誰もそれを無視しているって弁護士が言ってた。
この決行したのは二つ混ぜると危険って、弁護士会が言ってるけど本当に危険。
アメリカの戦争に簡単に入って行ける非常にあいまいな言葉の法案で、危険になって行っても秘密法案があるから、国民に知らせる義務がないという恐ろしいもの。
こんな大事な事を国民に問わずに決行し、福島のコントロール出来ていない事も隠している。
上杉さんは、ただ真実を伝えたいだけ。
安倍さんは、自分のしたいようにしたいだけ。

大事な今は、その人の意志を深く見るようにしてほしい。
意志があるか無いか?ちゃんとした意志がある人は無視は絶対にしない。

自分が誰と共に居るか?誰を選ぶか?
自分の意志をきちんと持って私は活きたいと思う。




2014年11月29日土曜日

愛の玉

こんにちわ!プリケツ目指して毎日トレーニング。
『プ』くらいは行けたかな〜。あっ、おならじゃないよ。

結構相談受けてて感じるのが、『愛してる』ってみんなキレイなイメージを持ってるなあってこと。愛の正体が解ると『何で愛せないんだろう?』なんて言葉は出なくなる。
なぜなら、愛するってもの凄い気合と努力があって成せる事だから。
多くの人が『愛される』事を目指すけど、相手に対して『愛してる』って言う事はあっても『愛されてる』って言葉が無い通り、愛って流れ出る性質を持つものだと思う。
私も愛のイメージを間違って持っていたから、長女の育児を間違った。
どこかで相手の喜ぶ事をすることとか、傷付かないようにすることが愛だって勘違いしてたから、自分を犠牲にして色んな事をやってあげた。その結果、ただのワガママクソ女に育った。
なぜなら、1つ1つに感謝がない。やってもらって当たり前。モットモット欲しいばかり。これは不幸だと、私は気合入れて育児しなおし。
今日の朝は、長女の心の無さに10分も大泣き。自分でして来た事の間違いと、彼女の不幸を思ったら涙が止まらなかった。
いまは、どんなに面倒くさくても、1つ1つ感情をしっかり話合う。
時に心を鬼にして、本人が気付くまで厳しい事をする。(これが一番キツい)
笑顔で、楽しい、スキだけじゃ、本物の人間関係は創れない。
嫌いな所を指摘してあげる。『これが私にとって嫌なんだって。こんな気持ちになるんだ』って。日本って、ありがとうとかごめんなさいだけで終わらせちゃうけど、何でありがとうなのか?何でごめんなさいなのか?そこが一番説明するべきポイントなんだと思う。
私が彼女に心を砕いて来なかったから、いまこの現実が目の前にあるんだ。
いつもそう。自分がやったことが帰って来る。
愛さないんだったら愛されないんだ。
愛さないんだったら相手の心も育たないんだ。
最近は私の中のベルリンの壁が壊れた。と同時に色んな現実が見えてきて、苦しいと同時に、今まで感じた事の無い仕合せを毎日感じてる。
それは、ふわふわした現実ばなれの幸せじゃない。確実な仕合せ。

よく、好き嫌いと愛してるの違いを質問されるので自分なりに考えてみた。
好きと嫌いが小さい同じ大きさの感情の玉だとする。
それは、もちろん人との付き合いでコロコロ変わる。
こういうの嫌とか好きとか。人それぞれだしね。
でも、愛してるってその二つの玉を受け入れて付き合うって事なんだ。

みんなね、好きな人=愛する人って勘違いする。
だから、嫌いな所を話せない(離せない)。
離したくないからね。好きなだけだから。
でも、相手の欠点とか嫌いな所とか全部ひっくるめて付き合うのが本物の関係だとおもう。
そこに、離れて行くんじゃないかって不安は無くなって、『話せない』って事は無くなると思うんだ。自分が愛してるんだもん。
もしそれで、相手が離れて行っても愛していることは変わらない。苦しいけれど、それも愛の苦しみだと思う。愛の嫌な所。愛するリスク。
リスク無しの美味しい話は幻想であって現実ではない。

綺麗事じゃ人を愛せないってこういうことだとおもう。
自分や相手のドロドロを愛せるか?リスクを取る覚悟があるか?
それがその人の愛の力だと信じてる。
そして、何で私がブログを書くか?
みんなが聞きたくない嫌な事も書く。バカにされる事も書く。
でも何で自分の時間を割いてまで、ブログを書いているか?
ここで、何か気付いて自分を成長させる糧になってもらえるならばそれだけで私は仕合せだから。
そして、何よりみんなを愛しているからなんだ。

嫌い

あの。またまた昨日脱皮しましたりょうちんです。
きっと、剥けすぎていつか消えて無くなりそうだけど、今回の気付きも大きかった。

連日の仲間、夫との喧嘩。
一生懸命掘り下げたら、自分の短所は見てるのに、相手の短所を見ない癖があるのに気付いた。
相手の嫌いな所見ないようにしてた。
見て嫌いになるのが嫌だったみたい。
自分のダメな所みてるから嫌われるのは平気なのに、嫌いたくない。
そういう変な感情が根っこに眠っていた。
相手の嫌いな所、1個1個みた。山ほどあった。
でも、全部愛していた。こんなに愛していたなんて自分でも気付かなかった。自分からの無限の愛を感じた。
見たら嫌いになって終わるかもって幻想なんだ。
放射能もそう。嫌いな物をみないほうが危ない。
それだと別れてから、死んでから後悔する。
見ていればもっとああできた、こうできたんじゃないか?って。
私はそれは絶対に嫌だ。

そしたら、他の仲間からの可愛いメール。
私の事嫌いになりたくないし、嫌われたくないから言いたい事全部言えないって。

ばっかだなあ。って思った。
どんなに嫌いでも愛してるのに。しかもどんなに嫌っても半分以上は行かないし、残りの半分は大好きだ。そして嫌われても嫌っても愛してる気持ちは1ミリも変わらないのに。って。

嫌いだから愛せないんじゃなくって、愛せないから終わるんだ。
根っこに愛がある関係に終わりは無い。
死んでも愛し続けられる想いがある。
嫌いだから終わるなら、それは愛じゃないだけ。

互いに気付き合い、成長し育て合い築きたい。
それが愛だと私は思う。

2014年11月26日水曜日

はあ。

独り言。。
残念だなあ。。
みんなと横で繋がりたいだけなのに。
大嫌いだ。。
・利害関係。 。損得の中でしか動けない人間関係。
・上下関係。。そもそもその上下って何よ?生意気?だから何?
・商売関係。。お客様第一?従業員も第一にして、心で繋がるべきなのに。
・師弟関係。。先生が偉い?その分野で先に生きてるだけ。みんな同じ価値。
・嫁姑関係。。ババアも嫁も人間だっつ〜の。互いに言いたいこと言えないんだったら、家族になれない。
・社内関係。。社長や上司が偉いなら、スタッフ無しでやってみろや。スタッフを尊重できない上司は、偉いどころかゴミ以下だ。
・友人関係。。多い方がいい?友達だから?愛し合ってれば、数も友達って名前も要らないでしょ?
・仕事関係。。じょんぎで付き合うって?やってもらったから?その前に愛が無ければ空しいだけじゃない?
・親子関係。。親子の前に人間同士。
どんな関係でもいいとおもう、関係の前に愛があれば。

 私は相談乗る事が多い。でも、気をつけて欲しいのがいまや仕事という意識はないんだよ。愛だけで動いてる。
 必要としてるからいいでしょう?金払うからいいだろう?物を買うからいいだろう?
私は、そういう関係は要らない。
私は〇〇だからこうするって考えが大嫌い。やってもらったからありがとうとか、やってしまったからごめんなさいとか。形だけの言葉なら要らない。
そういう言動の薄さを本人も気付いてない所で観抜いてしまうから。

なんかね、相談を必死で乗っても、その後放っておかれる事って、人間関係じゃないとおもうんだ。
私は心配してるんだよ。思ってるんだよ。黙ってるって大丈夫なのかな?何でなんにも質問とか無いんだろう?
あんなにキツい事言ったのに何で言い返して来ないんだろう?
そして何も言わずに消えるなんてどういうこと?

私はね、陰で言う事は本人にも言う。
陰で言っても何にも相手は変わらないからね。
それって、日本人にとってはものすごいキツイ感覚だと知ってる。
それでも、相手が何かに気付いて欲しいからいう。
それで、関係が無くなる事も多数。
でもね、その厳しい愛を感じられて、その愛に対して応えようという気合があるんだったら、噛み付けるんだ。
私は、何でも言うけど、同時に何を言われてもいい覚悟をしているんだよ。私は言われたいんだ。
ただ、言われて傷付いたとかそんなつもりじゃないとか言い訳ばかりで去って行くんだったら、愛の関係は築けないし、本人が築く気合が無ければ私自身が築いて行きたくてもどうにもならないんだよ。

綺麗事で本物の人間関係は築けないんだって。
まあ、キレイな人間関係だけ欲しいんだったら、いいんだけど私は不要。
ドロドロの感情をぶつけ合ってこそ、固い絆が創られるんだ。
逃げてもいいよ。
でも、後悔しないでほしい。死ぬ時にあの時こうしてれば人生が変わったのにとか思わないで欲しい。
今出来ないことは未来も出来ないよ。
逃げ続ける人生がいいか?辛くても愛し合う人生がいいか?

それを選ぶのは、常識 でも人の意見でもない。自分の意志なんだ。

2014年11月24日月曜日

やる気になったら???

こんちわ。ケツが大好きなりょうちんです。
男も女もケツがプリッとしてるのが昔から好き。痩せてたり、小さいお尻は興味無し。
大きい程燃える。そこで、私もケツの筋トレを始めた。プリケツ目指すぞ〜♫
(ちなみに、ドイツはプリケツ大国♫)

で、最近ね、色々やろうと思ってた事を始める事が出来るようになった。
前から『やる気になったらやる』って思ってたけど、苦しいの目の前にやる気になる日は来ないと悟り、嫌でもやることにした。
だってさ、その目の前の嫌な事をやらない事には、その先に進めないんだよ。
いつまでも同じ所にいるしかない。まあ、それも楽でいいだろうが、そういう生き方は私の求める仕合せではない。

例えば目の前の道を、折れた大木が塞いでいたらどう?
大体の人が、戻るか他の楽に行ける道を探すだろう。
でも、その大木をどかす勇気と体力で、その先の道を歩む自信がつく。
人に 助けを求めても良し、自分で色々考えて工夫するのもよし。
とにかく目の前の事から逃げないのが大事なんだって気付いた。

筋トレだって、語学勉強だって、仕事だって、やる気になるのを待ってたら出来ないんだって。大体やる気になったらやるっていう自体で、それが自分にとって面倒くさい事で嫌な事な可能性大なんだ。
だって、楽しくて好きな事はやる気云々関係なくやるでしょ(笑)?

と言う事で、嫌な事から逃げるりょうちんは、もう『やる気になったらやる』という言葉を自分の辞書から捨てた。バイバイキ〜ん!

ケツトレだって、ハードすぎて足腰を痛め、3日間ロボット動作。
それでも、痛くてもやってると、強くなるのよ。プリケツへの道は険しいのだ。
今も、自分で勝手に難しい仕事と向合ってて、煮詰まり猛ダッシュしたくなってる。さすがに夜中なので朝まで待とう。

自分は一個にずっと集中してやれないから、あれやってこれやってのローテーション。
これからドイツ語の勉強。
知らなかったけど、セラピー好きな友達が教えてくれたのが、ドイツはセラピストの憧れの土地だって事。確かに、ドイツは哲学者や、音楽人や有名所がズラリ。
で、義祖母が何十年も世話になってる東洋医学と西洋医学の混ざった医者は、医者を養成していると小耳に聞き、聞き捨て出来ずにいる。
ベルリンに行ったらぜひその医者に会いにいこうと思ってる。
それ以外も、医療系の大学を色々見学行こうと思う。
自分に合う大学を見つけたら大学生になろうかと。
大学生は学費が無い上に、奨学金ももらえるから問題無し。
母に大人になってから、自分の力で大学行けって言われたのを思い出す。

ただ、問題は言葉。もちろんドイツ語で講義がある。
しかも、医療用語だから日本語だとしても難しいはず。
 インドの病院に潜入して医者に授業習った時も、これ日本語でもわかんね〜だろって思いながら受けてたのを思い出す。

 そんなの悩んでた所に、さすがドイツ!毎週人体のパーツと人体の仕組みの小冊子が付いている企画が始まった!一年近く集めると、1メートル位の人体模型が内臓付きで出来上がる♡しかも、顕微鏡までプレゼント♫
 これ、不思議なんだけど30代の時から、40歳の自分の誕生日には人体模型を自分にプレゼントするって計画して貯金してた。
まさに、これを集め終わった頃に40歳!ビックリ〜。
 しかも、8年前から狙ってたのはドイツ製。リアルさが一番だったから。
こうやってみると夢って努力してれば、絶対に叶うんだっていつも思う。
ちなみに50歳の誕生日は、子馬を買って育てて乗馬する事。
60歳?いまの所、イメージ湧かないから死んでるかもね。先過ぎるだけかもだけど。

とにかく、私の嫌な所から逃げる癖を克服するのに、嫌だからこそヤル!という発想の転換はよかったなあって思った。
 嫌な事から逃げる人生よりも、自分の限界以上を挑戦し続けて生きたいからね。
プリッ☆



2014年11月23日日曜日

鎖国

こんちわ。2日続けてベトナム人に間違えられたりょうちんです。
1日目はスーパ−でベトナム人の女の子に、ベトナム語で1分くらい話かけられて、『私日本人です』って言ったら『あ、そう?(Ach so)←ドイツ語も同じ』と言われて笑った。
中国人に間違えられるのは解るけど、ベトナム人に〜?って言ってた翌日、アジア商店に行ったらまたもやベトナム人のおばちゃん3人がたむろってた。
帰りに、『あんたベトナム人に見えるよ』って。
夫に、こんな薄い顔がどうして?って言ったら、『でもなんかベトナムっぽいかも』って。オイオイ。
昔からかおたんには、国籍すら解らない雰囲気って言われるし、もうこっち来たら顔まで国境を越えたと言う事で終わりにしとこう。
そういや不思議と、私ってどこに行っても道聞かれる。(通りすがりの人に、ティッシュ頂戴とか普通に言われるし。)
ドイツ人に道聞かれるのも、しょっちゅう。どうみても外国人だろう?地元人の確立低そうに見えないのか?とか思いながら、身振り手振りで道を教える優しい私。
きっと、この親切オーラがそうさせるんだろう。まさかドイツ人には見えまい。

ちなみに、ドイツ語講座にめっちゃ暗い女の子が入って来た。
こういう子構うの好きなんだよね。その子に日本ってどこにあるかわかる?って聞いたら、
『日本?知らね。』って(笑)。
そこで、先生が『小さな島でさ、ドイツの反対側にあるんだよ』って教えてた。
『車で何時間かかる?』って言われて、それこそ知らね。1ヶ月走り続ければつくかな?って言っといた。
誰もが日本を知っていると思ってたから、結構驚きだったけど、ただの自意識過剰だったと気付いたさ。
しかも、最近唖然としたのが、電子書籍って海外住在の人には使えないようにブロックされてる事。著作権の問題だって。
アホか!世界の誰が日本の本を盗んでどうこうするって?
自意識過剰もいい加減にしろって思った。
逆にね、日本に興味があるんだから、そういう人には日本を紹介するつもりで公開してやればいいのに。守る事しか考えられないケチ思考。未だに鎖国。21世紀だぞ?!
もうね、海外で頑張って住んでいる人の楽しみも与えてくれないなんて。ちなみに日本だけだぞ!自国だけで鎖国してるの。こんなことしてると、終いにどの国も相手してくれなくなるんだから。
それに本を送ったら大変な送料になるんだからね!
それでもいままで送ってくれてありがとうHさん、Aたん、Mチャん。

本当に、自分が産まれた土地が一番って思うけどね、だからといって世界で日本の存在って小さいんだなあって感じる。最近もニゲノミクスやってくれましたね。
全く、日本の外に住んでる人からすると、恥ずかしいったら。
まったく。それに国民の真意を問う。とか言う前にお前の真意を問いたいわ。

世界からみる日本はかなりヤバいんだって。
ドイツも年寄り国だけど、先端を行ってるのが日本で、サンプルなんだって。
すでに4人に1人が60歳以上、40年後には2人に1人が60歳以上。
でも、放射能の影響を考えない数字だから、現実はもっと厳しくなるだろう。
日本の少子化をよそに、世界の子供の数は過去最高。悪い環境で子供の自殺も多いらしい。なぜ、日本は外国人を養子にしないのか?不思議だ。
私は、いまは自分たちが食べてくのでやっとだけど、余裕が出来たら里子が欲しい。
国境や人種を越えて縁ある子供達を育ててみたい。

世界は広いから、どうか 視野を日本だけにしないでほしい。
世界からの視野を手に入れないと、狭くて小さい箱の中で何もしらずに死んでしまう。
そして、まずは心の鎖国を解く事が大事だとおもう。
人間関係をオープンにする。
居ない人の悪口いうんじゃなくって、本人と話合って解決する。
自分の本心を隠すことに力を入れるンじゃなくって、本心を素直に話す素直さを育てる。
そんな、個人の意識鎖国を解く事から、日本は世界に広がって行けるんだと思う。




2014年11月15日土曜日

言い訳

こんちわ。4日間のマイクロクレンズを終え、生まれ変わったりょうちんです。
しかし、復食が大事だって頭で解ってたけど、美味しそうなハンバーグを私が作るから、食べちゃったじゃない。よく噛めばいいや〜私消化能力高いしい〜どうなるか実験したいし〜。って。。。まんまとデトックス頭痛で寝込んだ。
今朝も痛かった。今日はトレーニング辞めようかな〜って思いながら、朝の黙祷をした。
したら、『ジョギングを毎日するって気合入れた人が雨だから今日は辞めるッて言うか?』と聞かれハッっっっとした。
ああ。気合って、前回のブログでもそうだったけど、どんなに苦しくてもやるって事だったじゃないか?苦しかったら辞めるとか時間無いからとか、言い訳ってどっからでも作れる。そりゃやらないための言い訳だからね。
自分は、嫌な事から逃げる癖がある、弱い人間なんだって、よ〜く解った。
この自分の真実の姿の上に立って、やっぱり気合を入れ直した。
どんな状況でも、状態でも、やると決めた事は最後までやるって。
私は、結局最後にダレル癖がある。
復食だってそう。やったからもういいや。みたいに詰めが甘い。辛党なのにアマチャン。
ってか、最後が一番苦しいし。
最後の詰めが一番時間がかかるし大事なのにね。

もう、自分の弱虫逃げ逃げを受け入れる。
逃げ逃げだからこそ、逃げない。
『性質は変えられないけど行動は変えられる』から。
性質を踏まえると、どう動いて良いかわかるけど、
自分が強いとか出来てるとか愛せてるとか、『つもり』が一番怖い。
だって、行動が変わらないもん。胸張って間違いつづける。

だから、もう弱虫りょうちんも行動を変える!
ということで、頭痛と吐き気を持ちながらいつもの筋トレ!
料理もしたら。。。どんどん頭痛が無くなって行った。。。

頭痛って考え方変えろって時に起きる気がする。
自分は頭痛い時は、自分のどの考え方が間違いなのか?とことん考える。
だから、何か変われた気がする。

よっしゃ嫌な所と向合わない合なき自分を活かすぞ〜ヤー!


2014年11月14日金曜日

苦しみの存在

こんちわ。マスタークレンズ4日目。
今回は一週間前から大好きなカフェイン系を抜いて、ビールは抑えて(笑)、肉を減らして準備したのと、3回目と言うのもあってか好転反応無いじゃん!と体調良く過ごしていたが、今日夫と喧嘩、心のデトックスが始まった。

喧嘩でいつも思うのが、真の自分を見せつけられる。そして、磨かれる。
喧嘩の後は、反省した。
自分のどこが間違いで下手だったか?
1つの自分の間違いが見つかった。

自分が彼を苦しめていると思うと 逃げたくなる。なぜだ?
なぜ、自分が先に死んで、その後苦しむ彼の姿を死んでも(って死んでるんだけど)見たくないと思うのか?
深く自分の過去を探ってみた。

私は母が19歳の時に産まれた子。
18歳で妊娠した母。
母は父と別れた後に発覚した妊娠。
東京の和裁学校に行き始めた途中だった。
それでも、母は妊娠を喜んでくれて、帰省して母になった。
現実は過酷だったと思う。父も若い。1個年上なだけ。
遊びたいさかり。給料も安い、ギャンブル好き、酒タバコ。
家は明日食べて行くお金が無い。
給食費とか、お金が要るといいだせなくて、ギリギリになって
言って、結局もっと怒られる。
父は、帰って来ないで1人で病弱な私と妹を育ててた。
家事もパートも世話もお金の管理も全部母。
そんな中、よく言われたのが
『お前を産まなきゃよかった。』
そうか、私が居なかったら、母は仕合せになれたんだって、小さい私は勝手に思いこんだ。ただ、母は事実を言ってるだけだったのに。

私はお母さんを救いたくて産まれて来たのに、自分の存在が母を傷つけているという苦しみがあった。
私がいなかったらよかったのに。
母に『誰も産んでくれなんて頼んでない!』と言った事もある。
私がいなかったらよかったのに。心の中でずっと消えない声。

だから、目の前で愛する人が苦しむと自分が消えたくなる。
でも、私は大事な真実を見ていなかった。
『愛する事は、相手を喜ばせると同時に相手を苦しめる。』という真実。
相手が嬉しいのは自分も嬉しい。
でも相手が自分のせいで苦しむのは死ぬ程苦しい。
でも、これが真実なんだ。
これが、ずっと受け入れられなかったんだ。
自分で自分をマッサージしながら、それに気付いて泣きながら崩れ落ちた。
産まれてはじめて、自分にこれが真実なら自分は生きてていいんだって言った。
ごめんね。ずっとずっと自分の存在を消そうとしてきてごめんね。

よく目を開いてみて見ると、自分が消えたら苦しむ人がいる。
自分の言動で苦しむ人が居る。
自分の存在で苦しむ人が居る。

母は、私を愛していたから苦しんでいた。
もしかしたら、無意識にでは子供を苦しめている自分を責めて『産まなきゃよかった』と言っていたのかもしれない 。
母の存在は私を今でも苦しめる。同時に私の存在が母を苦しめているだろう。
でもそれが愛するという事ならば、喜んでその苦しみを引き受けようと思う。

傷つける事、傷つく事の覚悟がないのならば、誰も愛せないんだってよくわかった。





2014年11月13日木曜日

本能のままに

こんちわ。
丸理の名前忘れた担任の先生から、『まりは、宿題を一回もしてきてないけど、どうして?』と言われ、コノヤローやってるふりだけだったのか。強力説教ダー!
浪人しやがれ!来年もお前は一年生じゃ!いやだ〜!!と丸理。
全く。毎日問題は絶えない涼子です。

日本から出て、日本の放射能の現状にショックを受けてから、1年3ヶ月。
思い起こしてみたら、無意識に自分はデトックスをしていた。

日本にいるときは、全く放射能に関心が無かった。
なのに、福島事故があってから、週一の断食や、エアソルト(ヨード入り)で身体を洗うとか、エアソルト水をスプレーするとか、エアソルトでの腸内洗腸、マッサージするとか、ダテメガネ(パソコン用)をかけて出かけるとか、自然にやってたなあと思う。

免疫力が高い=デトックス力が強い。
なので、免疫が高い人ほど、デトックス症状があります。
私も日本に居る時は、ひどい主婦湿疹でした。(猛烈な痒みと膿)
それに、痰がずっと出る。毎日下痢。
乳製品を食べるとすぐにヒドイ痰になってたから、食べないようにしていた。
頭痛もあった。
1週間もすると、体内に毒が溜まったのを感じてた。
痔瘻もあったし、過食もあった。
ヒフは露出している所が、乾燥して赤くなったり。
妊娠中は、原因不明の出血が続いたり。その前に初期の自然流産したり。
呼吸が深く出来なくて、意識して息を吸っていた。

丸理は、鼻水が出続けていた。
海渡は、胸がしめつけられるような苦しさが増して行って、病院で心臓検査しても異常なし。でも、息が詰まって胸が苦しいという症状を 訴えていた。
夫も、風邪を引いた事が無い位丈夫な身体なのに、何度も風邪を引いた。鼻血もよく出していた。
これ、全ては免疫が高いから、体内に入った毒素を出そうとする身体の働き。
免疫が下がると、毒素を出す力が無くなって、ただ溜まって行って突然大病したりしやすい。
一見、症状が出てる人の方が弱く見えるけれど、症状はあった方がいい。対処も出来るから。
今の日本の現状で、何も無い訳が無い。
ちなみに、私も毒が大好きだから、毒とってはデトックスするのが趣味みたいになってるけど。毒気のない人生なんて、味の無い人生と同じさ。
そしてあんまり、毒を避けると毒に弱い身体になるからという持論の元、毒素を摂取しては、やっぱり症状でるなあ。免疫力オッケー!という感じで楽しんどります。
10年前くらいかな、2年くらいマクロビオティックにハマってキッチリやってた事があったけど、身体が弱くなって行くのを感じていた。心もシャバに弱くなるかんじ。
自然や美しいものだけに包まれていたい。。みたいな夢見心地さんになってた。
そもそも玄米が自分の身体に合わないし、そもそも毒気の多い人間が毒を抜いたら、自分じゃなくなるという結論に達し辞めた。何か違うとどこかで思ってた本能にしたがった。
そもそも、不良。正論による制限が嫌いなんだな。

ドイツに来るのも、全てを捨てる訳だから、迷った。
でも、本能の勝ち。ただ行きたいそれだけで来た。ドイツのドの字も知らずに。

でもこっちに来て、大好物が待ってた。
肉、ビール、野菜、果物、黒パン、チーズ、ワイン、ミューズリー、乳製品などなど。
どれも好物ばかり。
気付いたんだけど、本当に魂が求めている食べ物を食べてあげると少量で幸福感に包まれる事。身体にいいはずと菜食してた時は無かった感覚。
そうそう、バターなんて一週間で一箱以上食べちゃう。でも、驚いたのが日本で痰になってたのに、こっちでは、ちっともならない。よく調べてないけど、日本の乳製品は線量が高いんじゃないかと思う。
痰の症状も、こっち来てピタっと止まった。
主婦湿疹も肌荒れも過食も下痢も全部。
子供達、夫の体調不良も改善。
こうなると、現実的に放射能の影響の強さを体感してしまう。

本能は環境によって知恵を出す。
その環境にあった心身になっていくには、正論よりも本能を信じるべきだ。
最近、不思議なのが元々刺身食べれないし、魚は得意じゃなかったけど、嫌いになった事。匂いだけで気持ち悪くなる。
好き嫌いが無いのがうりだった私なのに、面白いもんで、食べ物の嫌いがハッキリしたら、好きもハッキリしてきた。嫌いでも身体にいいからと母親に食べさせられて来たから、自分は何を求めているのか?わからなくなってたと気付いた。

身体にいいはずだからと、自分を騙さないで本能に従って食べる事、故郷だから離れられないとこだわらず、本能に従って将来プランを立てる事が大事だと思います。








2014年11月11日火曜日

苦労は仕合せの種

こんちは。マスタークレンズ1日目の涼子です。
これ、1日でも効果あるのか、前回試したら、いいみたい。
で、今回3回目。今回は慣れて楽にこなせてるから何事も何度もやらんきゃ解らないなあと思う。初めてが苦しいのは当たり前だもん。繰り返して初めて強くなる。

3人産んで、強くなった自分もいる。産む前は『3人産んで一人前』という日本の言葉に対して『そんなわけないじゃん!』と思ってたけど、これは3人産まないと違うと言えないんだったと反省。
はい。出産に限らずやっぱり苦しみが増える分、強くなります。成長します。
出産中は、もう絶対に産まないと思ったのに、もう4人目が欲しい。
夫と、8人くらい欲しいよね〜って昨日話して、里子入れてそのくらい良いなあって思った。今日だって丸理の育児に心折れ、叱り続け、もう子育て嫌だって何度も何度も思うのに、なんでこんな苦労なのに、大変なのにって苦労の最中は思うんだけど、やっぱり陰陽で、子供の存在そのものが愛おしい気持ちでチャラ。

私は『苦労は買ってでもしろ』って言葉が好き。
だれでも考えたら絶対苦労しない方向に行く。
だから、私はあえて考えずに行動する。
1人で、北海道、神戸、イギリス、インド行ったのも、今ドイツいるのも考え無し。
考えたら出来ないって。大変で苦労するって明らかだもん(笑)。
結婚なんて、まさにそうだとおもう(薄笑)。
誰もが苦労なんてしたくない。


でも。
私は人を愛したい。愛するには強さがいる。いや、愛するから強くなるのか?まあ、どうでもいいけど、愛したい。
愛って育てる事だから面倒くさい。ほんとに面倒くさい。地味だし。でも、面倒くさい苦労を楽しめれば、一気に仕合せになれる。でも楽しむ為には強くないと。。と言う事で毎日自分を鍛える→強くなる→人と向合える→成長し合える→感動する。

苦労は仕合せの素。
苦労という種は、きちんと向合って育てれば、いつか必ず花を咲かせる。
英語だってドイツ語だって、何度投げ出そうとしたか。
断食だって、何度食べようと思ったか(笑)。
子育てだって家族だって、おなじ。
考えたら、苦労をやめちゃう。
だから、心を使う。頭で人は愛せないし育たない。
知恵で心は成長しない。体験のみ。
苦労の体験が心を成長させ、愛を増幅させる。
だから、あえて自分に苦労させる。筋トレだって身体が痛くなる程やらないと強くならないのとおなじ。
自分の限界や考えを越えた行動をしなければ、それは苦労と言わないのではないか?と私は思う。







2014年11月6日木曜日

プフェ〜疲れたあ。

今日は、いつもより寝すぎたせいか、緩んでしまい、朝から頭痛っぽいのに、バレートレーニングをユーチューブでやったら、どんどん激痛に。ああ。デトックス。
最近、肝臓当たりに鈍痛があったから、『毒溜まってるな。。』と気がついていたんだけど、テヘへ、パーチィーでビール飲んだし、昨日なんて息子の宿題手伝いのストレスに、ビール一気飲み。。こうやって、現実から逃げちゃう弱いあたし。ビールさん、現実逃避に利用してごめんなさい。今度は感謝をして丁寧に飲ませて頂きます(笑)。

実は、今月誕生日なので、またもやレモネード断食決行予定。
今年中に、長男を産む前の体重に戻る!と決意。前回の断食で3、4キロ落ちたから、あと4、5キロ落とさんキャだけど、まあ、体脂肪が26%になればいいと思っとります。(夫に私の好きな服買ってもらう約束があるのだ)
今回は2回目なので、今からなるべく刺激物を避けてます。来週3〜5日間やろうと計画中。調子に乗ればもう少しやってもいいかもね。

ただ、今回気をつけようと思ってるのが、運動を続ける事と、全身のオイルマッサージを欠かせない事。特に毒素が出て行くと、身体が柔らかくなるので、ヨガは最高。
180度開脚まで諦めずに頑張るぞ♫
あと、この断食は、体脂肪が落ちる。
なぜなら、レモネードの中身のレモンとカイエンヌペッパーが、体内の火を上げて、体内のゴミを燃焼してくれるから。それにグレードの低いメープルシロップがエネルギーになって体力を落とさずに空腹も減らしてくれる。
何より美味しい。
ただ、前回気をつけなかった歯磨き。酸の強い食べ物を食べた30分前に歯磨きするとエナメル質が傷つくから、歯が弱くなる。今回気をつけようっと。

一方、年に一度やっていた、水だけの断食はどんどん弱って行って、3日目には身体が震える程になってしまってた。体内のゴミを燃やすエネルギーが無いから、体脂肪が減らないんだよね。。苦行としての精神修行ならいいけど、デトックスにはレモネードの方が私は気に入ってる。鍛えてるからかもしれないけど、リバウンドもほとんどないし。

そして、食べ物を断つとビックリするぐらい時間に余裕ができる。
まあ、私の場合は家族への料理はするので、調理時間は変わらないとしても、食べる時間だけで、これだけの時間を使ってるのか?!といつも驚く。
そして、頭は食べれなくて苦しいんだけど、身体が楽チンなことと言ったら。
睡眠の質は最高!最初の1〜3日間位がピークで苦しいけど、その後は不思議と 幸福感に包まれる。内臓が仕合せだと自分も仕合せなのね。

今度39才になる自分へのリセットボタン。
後悔しない30代の幕締めの一年になるように、食を断って自分と向き合い、心新たにスタートしようと思う。


2014年11月5日水曜日

真実をヒドイというけれど。

こんちわ!2週間に渡る子供達の秋休みがやっと終わったて〜。
でも何故か、家は休みで子供が居ない方が家事が大変で困る(笑)。
だから今は、1年生になった丸理が、12時に帰って来るから、おしん教育中。子育ては甘くしちゃいかんいかん。
人生甘いと思ってないほうがいい。辛いと思っていれば、どんな事も甘く感じるからね。

笑ったのが、丸理の担任の先生が休みでみんなの名前忘れたからもう一回教えてって。マジで。日本だったら、教育委員会からなんかあるか、ニュースにされちゃうかもね。私は爆笑!!でも、もしかして噓かも〜?思って、海渡(丸理と同じ、去年の担任だった)に聞いたら、あ〜そうだよ。最後まで2人の名前が入れ替わってたって。
これもニュースになるかもね(笑)。
私は名前を覚えるのがチョ〜苦手だから、先生に一票!わかるわかる。
覚えらんね〜て。そもそも先生は勉強を教えればいいんだから、名前は重要じゃない。
しかも、面白いのがドイツ語では、名前が解らなくても話がすすむ。『Du(ドゥー)』でオッケー。ありがたし。
日本語って、いちいち名前を言わんとでしょ?あなたとか君とか言わないもんね。
これも文化の違いで面白いなあって。

話は変わって、大好きなミュージアムに行って来た!
新潟でもあった『人体の不思議展』!
これ、わたし3回も行ったの。マニアだもん。
でも、ドイツでは、直訳で『本物の身体展』という名だった。
名前からも、しびれた。ずっと泊まってた義父母に行くんだ♫とウキウキして言ったら、『家の隣の人の友達の死体が買われたんだよ。私は無理だし、そんなの辞めたら?』って言われたけど、ごめんなさい。人に何と言われようと、自分の愛するものは変えられません。

久しぶりの家族でのイベント♫
ウキウキして入ったら、ビックリドンキー!!!
本当の死体が!!!
あれ?前の不思議展では、死体と解らないくらい綺麗だったし、人種も解らなかったけど、今回はっきり肉、白人!てのが解った。
日本では加工されてたのね。。。

私は心の中で、展示されている方々に感謝を言った。
いままでこうやって、自分の身体を捧げてくれる人が居たから、いまの医療がある。
もちろん私も自分の死体をどうするか?考え中だ。
セラピストだったり、自然派と言われる人は、西洋医学を敵視する人がいるけれど、私は3回西洋医学で命を救われた存在だし、これがいいから他はダメという考え方そのものが不自由で大嫌いだから絶対したくない。

東洋医学で出来ない事は、西洋医学で出来る。逆もしかり。救命救急医や看護師さんがハイジにたくさん来てくれていたなあ。本当に彼らは、休み無しで重責を背負って仕事をしている。
尊敬をする仕事の1つだ。やっぱり医療の勉強と研究がしたい!と思った。

ドイツでは、東洋と西洋医学が融合してる職業が存在する。
義祖母が昔からそこに通っていて、その人は東洋系の医者だったけど50歳すぎてから西洋医学を学んで今に至るって。学校もあるって聞いて食らいついた。
そんなこんなで、毎日吐きそうなくらいドイツ語の勉強をしている。遣り過ぎて夜は叫びながら100メートルを猛ダッシュしたくなる位。
(何で妊娠中にもっと頑張らんかったんだよ!と自分にツッコミながら、この後悔を今に活かしてる訳。)

話は戻って、展示会でなぜか、写真を取る人が私達位だった。うえ〜とか言う人も居たらしい。私が聞いたら睨んでた。お前も同じ創りなんだって、そしてこうなるんだって。

一番は着ぐるみみたいな、ヒフが家族全員の印象の強さだった。
ヒフは、重くて10キロという臓器の中でも一番大きいものだって頭で知っていたけど、いざ見てみると衝撃!!!!あまりの衝撃に人が集まらない。
外と中を繋ぐヒフ。人との関係も表す。毒もだす。やっぱりヒフって凄いっておもった。

新潟であった不思議展は、人道的な問題ということで、もの凄い叩かれて、再開できなくなってるんじゃないかな。死体を飾るなんてとか、それは色んな意見があると思う。
真実がタブーの日本ではそうだろう。
真実って、本当にグロいなって実感した。
だから、みんな嫌なんだな。キレイな物を信じたくなる訳だ。
でも、『自分を見詰める』って、こういう真実を見ると言う意味なんだけどな。
夫は、『ホントにみんな同じ創りなんだねえ』って感心してた。

私は、展示場で色んな想いを感じたし、解剖医の方々の技術の高さにも感謝した。
何より、今世頂いた、自分の身体を大事にしよう!セラピーに磨きをかけようと思いました。




2014年11月1日土曜日

時代を越えて

こんちわ、海愛は8ヶ月。早くも立ってドヤ顔(汗)。
朝起きると、私たちは寝てるのでベビーベットで1人遊び、泣きたくなると自分でオシャブリを入れてモグモグ。さすがに2時間も待たせるとお腹が減って来てブーブーいうけど、本当に手がかからない。眠い時は、ベットに連れていくと勝手に寝る。
寝かしつけは数える程しかない。
子供って構うほど子供様!みたいにワガママになる。って犬と同じだ。。。と最近悟ったりょうちんです。

何がいいか悪いかの論議は元々好きじゃない。人によって違うからね。
絶対的な良い悪いは無い。
だけど、いつも穏やかな海愛をみて、何でも当たり前になってる長男と長女と比べると、半分は性格もあると思うけど、 育て方間違ったなあと痛感。
何でも応えてあげる事が愛じゃないんだね。。。

このところ3週間はドイツ人の義祖母が遊びに来てくれて色々勉強になった。
夫の母方はドイツ人。料理や生き方、考え方など色々教えてもらえた。
腰痛持ちの彼女にセラピーも3回した。
夫に通訳をしてもらいながら、戦争の時代背景や生活苦などを身体から感じて、最初は涙が止まらなかった。涙が溜まってた。最後は、手が大きく震えて、弱くてもいいから泣いた方がいいと言ったら、色んな話を涙流しながら話してくれた。
セラピーをしていると、あまりに無惨な体験を自分も同じように体験する。
苦しくて悲しくてどうにもならない時がたくさんある。
彼女の母は戦時中にレイプされて出来た子供だった。背中に恐怖と悲しさが刻印されていた。そこに触れるとあふれだす感情。。。彼女と先祖に夫まで命を繋いでくれたことを感謝した。

そんな彼女と最後の日は町の観光にいった。
トリアには、大きな大聖堂があって、とても綺麗。
彼女曰く、カトリック系の教会はゴージャスなんだって。
でも、亡くなった彼女の夫とは宗派が違ったけど、お互いそれを理解し合って一緒にお祈りに行ってたって。涼子は宗教ある?って聞かれて、『私は日本の宗教も色々見たし、インドに行って、ヒンズー教のお祭りにも入ってみたし、夫の父方はイスラム教だしね、数えきれない神さんが居るけど、どれも面白いし為になる。教会も大好きだよ。ただ、私はその神を創ったのが神だと思ってる。』と言ったら意外にも、『それはそうだ』ってしみじみとした返事を返してくれた。

その大聖堂に、とても感動した彫刻があった。
産まれて、学んで、死ぬという循環が彫刻されている。
最近は年のせいか、人の人生の短さを痛感している。
一日一日が死に近づいているという運命は、誰も同じ。
産まれたばかりの海愛も。誰も。
そんな中で何百年前の彫刻や教会を創った昔の人々に想いを馳せる。
今の自分も、未来には昔の人になる。

どんなに今を誤摩化しても、真実だけは時代を超える。
噓は時間でバレるもんだ。
時代を超えても恥ずかしくない生き方をしたいなあって年増りょうちんは
教会に教えられたとさ。おわり。







2014年10月27日月曜日

免疫力全開で!!

こんちわ!福島第一の修復作業で線量が増えていると思われるので、免疫力全開にするアイデアを満載でお届けします。
まっ、人の事言えず、免疫力が下がるとガンになる可能性持ちの私も同時に実践してる方法です。(まあ、病気になる可能性って色んな原因があるので、一概にこれって言えないけど、放射能は免疫力を下げて、心身を弱くするので、注意です。)

お届けしたセサミオイルで、色んな感想をいただいてます。
あれでマッサージして、私もだけど面白い悪臭が出て来る。ドブの匂いの報告も。
太って来ていて痩せたい!スッキリしたい!という人は強めに縦に身体を擦るといい。(グーでも)
とにかく、肌が露出している場所は、オイルクレンジングだと思って根気よくやってね。
私も、義祖母が3週間来ていて、デトックスは1日しかしてないから、そろそろやろうっと。
大体毒素が溜まって来ると、気持ちいいお腹の空き方が無くなる。
屁が臭くなって、便が腐った匂いになる。
気持ちは滅入るし、やる気はなくなる。
免疫力が上がってるとその反対になる。

食事は、とにかく一口ずつ集中して味わう。
一生で、食事の回数は決まってる。
今の一回は、その貴重な一回。身体にいいからとか悪いからとか
頭で考えて、食事をするより、自分が感動する食べ物を、全ての元は命なんだと理解して、命をもらって
自分が活きれる事に感謝する。
アーユルヴェーダは栄養学というより、口の中に入ったものがプラズマ化(エネルギー化)するとみる。
どんな身体にいいものも、感動しないなら毒になる。
身体の声を聞いて、心から食べたいものを丁寧に味わう事で心身が強くなる。

運動は、必須。
身体が弱まれば心も弱くなる。
身体が堅いと言う事は、体内のパイプが詰まっているサイン。
柔軟体操で柔らかく。
他は好きなスポーツで、溜まった毒素を発散させて。

心の浄化は必須。何より心から身体にと影響するから。
やっぱり一番良いのが、紙に書く。
私は、文章にならないストレス言葉は、半紙に筆ペンで、
文章になるのは、ノートに書く。
人と本音を話合うこともいい。溜まった感情をぶつける。
エアキックパンチも有効。
とにかく、自分の中の悪感情と向合う。
綺麗事でフタをすれば、それが籠って『なんだかうさん臭い人』になる。
『いい人なんだけど、一緒に居たくないよね』的な。
とにかく、大事なのは自分の本音と向合う事。
それを認める事で、心が強くなる。面役(めんえき)も強くなる。

その他色々あるけど、大事なのは、

『自他への労力をケチらない』事。

もったいないからって、色んなのをケチケチ使っていると、それくらいの気値←けち(エネルギーの値)にしかなれない。
計算と言うケチの中でちっちゃく回るエネルギーにしかなれない。
それは、自分と言う狭い世界しかしらないで、『自分さえよければいい』という考えになり、愛が流せない。愛が流せないと言う事は詰まる。
自信が持てない、感動が無い。ケチな人生になる。

私は、人にやりすぎてしまう傾向がある。
人にあげて気付けば自分の分が無い!!?みたいな。
オイルも売っても利益がほんの少しで自分でもビックリ(笑)
でもこの愛が伝わる人と感動しあえてる。
お金では計れないほどの愛が還って来る。それをまた還したくなる。愛のループ。

そんなこんなで、たまにボロボロになった私をみかねて、夫がそれだけ人にしたいんだったら、
お前は相当の事を自分にやるべきだ!って叱られた。

そうだ。愛とはバランスだった。
それで、毎日自分へのマッサージを欠かさずするようになった。
自分の世話をもっともっとケチらず丁寧にやろうと決意できた。
苦しくても、運動もサボらずやろうとおもった。

自分は愛したい。愛する事自体が苦しい事。
心も身体も強くなければ、人を愛せないし、人を受け止められない。

どんな環境に居てもプラスとマイナスはある。
ただ、今の日本の放射線量は、新聞で掲載されている数値よりも2〜4倍だと
個人で計っている人が言っている。仲間も実際計ってそれが実証済みだ。
私も、やっと慣れて来たけど、言葉や文化の全く違う環境のストレスは大きい。
揺れる大きなマイナスの中で生きて行く強さを身につけるには、
自分への努力をケチらないことだと私は思う。




2014年10月24日金曜日

文句ある人募集中!

こんちわ。ただいまドイツ人3人男子と、スペイン人の女の子と私で『ボンバーマン』で、叫びながらゲーム。最後は優勝したりょうちんです☆

昔から、男っぽい性格からか、男友達が多い私。
でも、内心めっちゃ男好きだから、男の中に入るとワクワク♫
残念ながら、女扱いされないけど、慣れてるもんね。人間扱いしてくれるならそれでいい。

ただいま、『人間関係』の言霊を作成中。
当然自分の中の意識が変わって来た。
そこで、どうしても言いたくなったのが、『文句あるなら言ってこいや!(笑)』。
これを読んでる人の中にも、文句いいながら私に対して不満や意見を持ちながらの人いるだろう。
私は昔からケンカっ早い。38歳にして穏やかに丸〜くなったけど、それでも怖がられる。夫にまで。子供は怯える。後のフォローが大変だけど、自分がやったこと、その後は説明をきちんとする。

振り返ってみると、いまも付き合ってくれている仲間とは、大体ケンカしたり、意見を言い合ったりしている。何度もケンカで離れたり、ふっついたり。その度、その人柄が解って、愛が深まる。
 まあ、自分を嫌いだって人もハッキリしちゃうけどね。
 本当に、自分の事嫌いな人は半分いるね。
 私にとって嫌われる事は問題ないんだけど、何で嫌いなのか言ってもらえない事は問題。何が嫌だったとか、私はこう思わないとか、それは間違ってるよとか、教えてもらえる人とは話し合えて、また深く繋がれる。例えおさらばだとしても、理由が聞きたい。

一番嫌なのは、黙って離れられる事。
こればかりは、私自身どうにもできない。
離れたいのだから、追いかけられない。
愛しているから真実を伝えているのに、傷ついたと言われて離れて行かれる辛さ。
『私から見て本当の事しか言ってないのに。』って言って更に傷にからしを塗る大失敗も多々。ドイツでは喜ばれる正直さは、日本ではタブーだったと今頃気付く始末。
お互いが納得いくまでトコトン話合えればいいけど中途半端は亀裂が入るだけ。
 
 それでも、今でも付き合ってくれている日本の仲間は本物だと胸を張れる。
だって、本音が言えない関係なんて、はじめから人間関係じゃないと思ってるから。
Facebookでたくさんいいね!されるよりも、心から正直でいれる人間関係がいい。
 
 昔師匠に、『あんたは、もの凄い切れる真実というナイフを持ってるから扱い方に気をつけろ』って言われた。

 未だに上手にその剣を使えない自分。
傷つけてしまった人たちに、この場を使ってお詫びをしたい。
たくさんの下手をして、みなさんの繊細な心に傷をつけてごめんなさい。
私ね、本当に反省している。この言霊創ってつくづく、謝りたくなった。
思い返せば、本当に酷い事たくさんしたな。
あの時の自分が弱すぎて恥ずかしくなる。
いまの自分は、『文句ある人、何でも言って来て!』と心から思う。
今の自分なら、どんな言葉も受け止められる。
もう、お前は嫌だという人はこれを読んではいないだろう。
これを読んでいるということは、どこかで繋がりたいと思ってくれていると思う。
話合いたいと思う人はぜひ、連絡ください。
本気の付き合いは、本音のとことんの話し合いからしか産まれないとようやく解ったから。




2014年10月22日水曜日

フランス

こんちわ。何十年越の夢を叶えてきました涼子です。
昔から、『フランスに行くまでは死なない!』と言ってた位、どうしてもフランスに行きたかった夢があった。
今回、2度もチャンスを逃し、3回目でやっと念願のノートラダム教会とモンサンミッシェル行きへ。

モンサンミッシェルに近くなる毎に感じる力。
生まれて始めて、土地から湧き上る力強い圧倒感を感じて驚いた。
もの凄いパワー。
もの凄い日本人(笑)。
ここは日本か?と言うくらい、日本人が多くてビックリ。
お店番をしている日本人のお姉さんに話しかけたら、いつもそうだって。
自分もビックリする。って。
日本人って、こういうパワーに惹き付けられるんだなあって思った。
自分もここに前世居た事がある。夫は確実だった。
この時代もセラピーをしていた記憶が蘇って来た。と同時に、自分の中の何かが目覚めて行くのを感じた。土地によって花が開くように、ずっと咲きたかった才能が咲いていく感覚。なるほど、旅行ってこういう意味があるんだ。と実感した。

元々モンサンミッシェルは天国をつくろうとしただけあって、納得の美しさ。
それでも、中には救われない魂がたくさん居たから、話しかけた。浄化してあげたかった。
シスターも何とも繊細な天使さん。人間の抱く天国のイメージそのものだった。
現実離れしている、そのモンサンミッシェルに感動しつつ、私はそれよりもその土地のあるパワーに惹き付けられた。自分の中の力が強くなった事に感謝した。

その後、帰って来て夫が送られて来た手紙を蒼白な顔で読んでいた。
それは私の婦人科からの検診の結果の手紙。
あ、私ガンだ。って感じた。フランス行ったら死んでいいって言ったもんな。
落ち込む夫。死を目の前にした自分の気持ちの動き。

子供の大きくなるのみたかったなあ。孫も。
もう1人欲しかったのになあ。
夫より先に死なない約束したのに果たせないのか?
50代になったら馬を育てたかったのに。
仕事だって、まだまだ山ほどある。
仲間にも会えなくなるんだなあ。
何とも欲深い私ね〜などなど。。。。

実は1ヶ月前の検診の後から、シャワー前は、セサミオイルで身体をマッサージ(洗って)してから、シャワーしてた。セサミオイルで先に洗うと、流すときの水が灰色になるのをみると、毎日毒素って溜まるもんだと感心していた。

やっぱり、人間って直感で生きるんだなあっておもった。
子宮や胸は親子関係が出るから、母親に電話かけて話合ってみよう。
でも、色んな壁があるなあ。(ここから新しい言霊がうまれたけど)
とか、子宮の病気からのメッセージを読み取った。

死ぬって思うと、色んな事ああすればよかったとか思うんだなあ。って。
だから、自分が実際に病気になったという経験は自分を大事にするキッカケになるんだなあとか色々と悟ってる。
普通に健康にしていられる事自体がやっぱり普通じゃないんだなあって。
何も無い事こそ感謝なのだなあ。ってこうなって痛感した。

病気は色んな事の複合で起きる。だから、自分を取り巻く全てのそのままを直視して、間違いと向合わないと治らない。
なるべく根っこから、自分の間違った心の持ち方から変えないと、その一瞬だけがよくなるだけで、元にもどる。

話は変わって、3ヶ月続けてはじめて効果が解る。
産後、ジョギングや基礎トレを3ヶ月続けて、その後いくら食べても太らないぜ〜って思って調子のってたけど、そういや、3ヶ月前のが今だったぜ。ということは、これからデブになるんだね。と。
だから、オイルマッサージも習慣にするまで3ヶ月はかかる。
そこまで続けられるなら、ずっと続けられる。顔洗わないと気持ち悪いのと一緒。
そのくらいしないと、予防医学の意味がない。
毎日の習慣を変える。そしてその根っこの気持ちを変える。
自分を愛おしいと思えれば大事にしようという行動に自然になる。

そんなこんなで、色んな事悟り、今日病院に、あの手紙の意味は何ですか?と詳しく夫が聞いた所、『強めのウイルスが検出されて、それがガンを作る可能性があるので、1年じゃなくって6ヶ月おきに検査してください。今は、ウイルスと戦う身体を作って、免疫力をあげる事に専念してください。』との事。

な〜んだ。
もう、みんなにセサミオイルやメラリーシュカ(抗ウィルス)の紹介をしてる場合じゃなくって、自分にぶっかけろって事だったんだな〜って。

でも、いつかくる死。
その時に、自分が後悔しないように 自分を大事にし、活かして行こうと決意新たにした。これも、フランス行ったから起こったような不思議な体験だったと思ってる。









2014年10月19日日曜日

人との壁


こんちわ!ルーマニア人のゾリナとデート。
私は22歳の彼女のお母ちゃんと同じ年。って事で、ママ〜♪って甘えて来る。

とはいえ、彼女は去年の今頃の始めてのドイツ語講座にドキドキ&チンプンカンプンで行ったときから、ずっと世話してもらってる。
この前も、もの凄い量の洋服をもらったし、ご飯も一緒に作って食べて、ソファーで抱き合ってゴロゴロしてた。

何か、こっちの人って気持ちの表現が良いも悪いも半端なくストレート!
嫌なものは嫌と言葉で言うから、解り合えるし、好きなら好きで、それも激しい。
人間同士の壁が薄い。

この前も、後ろに日本人カップルで前にアメリカ人カップルが行列に待ってて、話をするのは前のアメリカ人と(自分はもの凄いドイツ語まじりの英語でヤバかったが。)。だって何だか日本人は『近くに寄らないでオーラ』を出していて、目も合せてくれないし近寄りがたい。やっぱり日本人をみてても、知らない人に話しかける人は居なかった。

トルコ人疑惑のかおたんも、外国人っぽいせいか、ハグしよう〜って言ってくれて、ハイジで働いているときはスタッフ全員、朝も夕方もハグしてた。

人って触れ合ってこそ自分の存在を確認するものだから、ケンカしたり、質問しあったり、ハグしたりして、人との壁をどんどん壊すといいと思う今日この頃でした。

2014年10月18日土曜日

オイルちゃん

こんにちわ!
まったく早とちりがウリ?!の涼子です。

前回紹介したセサミオイルに付けたマッサージの紙に書いた『毒素』が『素素』と書いてありました。買って頂いた方訂正を宜しくお願いします。ごめんなさい。
また、メラリーシュカ(ブレンド精油)の使い方にも質問があったので、再度案内しますので、宜しくお願いします。

私は、朝起きてから頭からオイルをヌリヌリします。
頭丁にタラ〜っと、たっぷり垂らして頭全体をマッサージ。
そこから下へ全身にヌリヌリします。
このセサミオイルは、抗老化作用、デトックス作用など、たっぷりの滋養が骨まで染みて行く性質があります。
そして、ヴァータを下げるので、放射能の影響も下げてくれます。
前回紹介したセサミオイル200ミリで3200円の本当の値段は9000円です。
オーシェディーで扱う精油は、希少価値が高く、非常に高品質の有機栽培。
なので、日本で使っている人は、セレブだろうと思う。
だって、手が届かない値段だもん。
でもね、私貧乏育ちの、アンチセレブなので、直輸入じゃなく直買いの強みを活かして、みなさんに本物のオイルの感動を届けようと思った。
金持ちだけが救われるなんて絶対ない!心ある者が救われるのだ。

私が死ぬまで提供できると思うので、どうぞ遠慮なく(笑)。
美人薄命なので、どうぞお早めに(微笑)。

で、メラリーシュカの精油の紹介です。
このオイル、ニアウリという放射線ブロック作用のある精油があるので、
胸元に一滴付けておくと、それを肺が吸い込み、その後の放射線もブロックしやすいです。(それでも全てではないので、デトックスの必要あります。)
特に、放射能は子供への影響が強いので、精油を胸元につける習慣をつけるといいと思います。

とにかく、私は早く言うと『ドジ』なので、みんなのツッコミに助けられます。
ありがとう。そしてごめんなさい。

~ シナジーの楽しみ方 ~

 香水のように香りを楽しむ
常に香りを漂わせいたい方には,オイルペンダントをおすすめします.
または,コットンに数適つけて下着やポケットに忍ばせるという,簡単な方法もございます.
 ご自分で作って楽しみたい
香水やオーデコロン香水用薄め液,またはエタノールに適量をブレンドする.
マッサージオイルシナジーを100ミリのキャリアオイルに20滴前後の濃度でブレンドする



バスソルトお家にある塩にブレンドするだけ.
1回分のシナジーの量の目安は,5滴~10滴位.
他にもルームフレグランス・練り香水など,様々にご使用いただけます.

2014年10月7日火曜日

ドイツの常識は日本の非常識!?

こんちわ!7ヶ月の海愛の離乳食の食べ方は、まさにお昼を食べ損ねた腹ぺこサラリーマンが、チャーシュー大盛りをガッツク姿を連想させます。りょうちんです。

最近出来た、ドイツに住む日本人妻の友達は、家族でフランスやドイツを旅行してて、それは何と、ダンナさんの何ヶ月に渡る育児休暇中だからとの事で、ビックリした。
それを7年もドイツに住む彼女に言ったら『ドイツの常識は日本の非常識だからねえ』と名言。
本当〜にそうだなあって。

これは生活のあらゆる所にあって多すぎて、全部紹介出来ないけど簡潔に。
1、学校の留年は当たり前。その逆もあり。そういや家の長男も留年してる。
2、不登校になるというより、あまりにダメだと学校が子供を追い出す。丸理の友達は、留年&学校を飛ばされてる。
3、チャリでも、キックボードでもローラースケートでも、何でも登校可。
4、小学校12時に終わる(涙)。注:長時間の申請可能
5、ご飯を3食作らない。
6、弁当は簡素。もちろん簡単すぎだから自分で作らせる。
7、帰り道の歩き食い、買い食いオッケー。
8、休み時間は、食っても飲んでも自由。
9、広告はエロけりゃいい。有名人だからとか関係ない。よく裸の広告ある。
10、広告にはもちろんいたずら。
11、コンクリート壁をみると落書き。落書きアートの完成度高し!
12、この前会った四ヶ月の赤ちゃんもピアス。幼稚園児のピアス率高。先生はもちろん!
13、ふつーに英語話す。
14、寒くても薄着の人多し。
15、大人の歩き食い、歩きタバコ普通。
16、知らない人でも話しかける。注意もする。
17、レジで長蛇の列でも、レジの人と話をしたり、細かい金を5分かけて出したりする。
18、ゴミ箱点在してるのに、道にゴミ。
19、F1やアウトバーンの影響か、運転はアグレッシブ!もちろんマニュアル車がメイン。
20、空気を読まない。読めない?たぶん両方。
21、痩せることよりも、ケツやおっぱいなど大きくする為に頑張ってる。
22、下はタイツだけ、レギンスだけの人が多い。大きなケツをアピールするため。

などなど。言ったらキリが無いほど。今度思い付いたらまた!

ちなみに問題。。⬇の車、日本だと捕まるか?

〜Alles Nur Aus Liebe〜愛が全て(訳:涼子)



2014年10月6日月曜日

秋の過ごし方

こんちわ。めっきり秋で多分寒くなってると思われます。ドイツ。涼子です。
ただ、かれこれ一年半続いた、締めの水シャワーのおかげか、代謝が良くなり太りづらく、心身が強くなって、寒さを感じにくくなったなあと実感。シャワーの終わりに『いくぜ!気愛だぜ!』と言ってブッカケルのが楽しくなった。
母が身体の弱い私に、剣道の寒稽古なんてだめ!と止めて一度もやったことなかったけど、弱いからこそやらんキャだったと思う。
弱いからと、温めてばかりだと、本当に自家発熱しなくなるから注意。
考えてみると、私もいまもキャミソールで家の中は過ごしているが、外歩いてる人みても薄着。日本人て厚着でしょ?
厚着するから、冷え性になる。だから、ほどほどにね。

で、秋は空、風のエネルギーが増えやすい。
簡単に言うと、落ち着かない、疲労感、老け感、愁訴感、不安感、乾燥などになりやすい季節。
そこで、バランス取る為に、水、土のエネルギーを上げるといいんだけど、私の場合、気合い入れすぎて太っちゃった。まあそれもそうだろう。
太ろうと好きでもない甘いものをバクバク食べて、身体に合わずにニキビだし、それじゃあと、夜中にチップス食べてビール飲んでってやりすぎた。
お腹空かないうちに食べたりね。

もう大反省。
基、これより改善生活を行う。
1、お腹がグーグーなってから食べる。
2、よく噛みまくる。
3、オイルマッサージを毎日する。(ちなみに、この間案内したセサミオイルのキアリングは不要です。そのまま使って下さい)
4、ゆったりと、瞑想やヨガをして心を落ち着ける。
5、細い体型の人は、暖かい格好をして、私みたいな代謝のいいデブは薄着でもよし。
など。

本当に基本がダメになると、毎日がバタバタして走馬灯のように時間が過ぎる感覚になる。人生の味がしなくなるというか。

基本に還ろう。今を大事に。

2014年10月2日木曜日

可愛いって?

こんちわ!家では『可愛い!』が禁句な、かわいいと言われるとゾッとするりょうちんです(笑)。

娘の丸理はというか、家の子は混血なので、日本にいれば珍しく見えるし、こっちではエキゾチックに見えてしまい、結局『可愛い』と言われることが多い。
夫は、可愛いが大嫌い。私も可愛いと言われると鳥肌が立つことで、夫にもかおたんにもカラカワレながら言われたりする。自分にとって、なんだか力が抜けてしまう言葉だ。

丸理に可愛い〜♪と言って来るのは大抵日本人。
可愛い=良いことだから言って良いだろう。と思っているけど、
可愛い〜と言われて、丸理がそれが自分の売りだと思ってもらっては困るのだ。
可愛い!とかカッコイイ!とか言われても、『だから何?』と思ってしまう。
ひねくれているからだろうか?とも思うけど、でも本当にこの言葉の意味って何だろうと思ってしまう。
だって、それって表面の事だけ。
男性女性のモデルの友達も何人かいるけれど、それはその人の仕事であって、見かけが人間的価値を決めることは決して無い。
人体スケッチしてるけど、みんな同じスケルトン。
それじゃ〜見分けがつかないからって、神さんが色んな顔を作ったとさ。
可愛い定義があるだけ。こっちじゃアジア人はセクシーなんだぞ!

日本って、『可愛い』とかカッコイイということの価値が高い気がする。
それで、人間を計るみたいな。
それが嫌。
じゃ、可愛くない人はどうよ?
私は自分が可愛いと思ってない。写真見ても普通だし。私は私であって、形容詞は要らないとおもう。まあ、形容詞付けたい人が好きに言ってればいいんだけどさ。
だから、アラフォーだし、産後だしって体重とか気をつけてたけど、見た目を一生懸命繕うのって、バカバカしいと気付いた。
ババアだし、産後だっけんタルムこって〜。戦うの辞めた。私は進化の道を行く〜♪

話は戻って、丸理が可愛いと言うことを武器にしてもらっちゃ〜困る。
海愛も物心ついたころには、禁句になる。
だって、可愛いからって何でも許される日本に住んでないから、小さい頃からこういう現実を叩き付けないとね。
夫の親友はモデルだけど、まったく無邪気な少年。心も綺麗。
この前、うさぎを掴むゲームで、彼と戦って突き指寸前。
シャワー室にあったシャンプーに彼の顔があったから、この仕事もしたの?って聞いたら真っ赤な顔になって、母ちゃんが遊んでシール貼ったんだって!
全くぶらない。
そういや、ドイツは有名人が普通に歩いてるのが普通。
日本なら騒ぎだよね。同じ人間なのに可哀想に。有名税が高過ぎる。

要は人間中身よ。
可愛いだけじゃ、人間関係長続きしない。
現実は泥沼ノーメークの世界。
生活は『あなたの知らない世界』と同じ。
可愛いだけじゃ年取りゃみんなと同じばばあ。

ただね、可愛いだけじゃダメと言いたいだけ。
中身と外見のバランスがよければ、褒めていただいて結構なんだけど、
子供の丸理の中身はウンチくらいだよ?だから勘違いしちゃう。それが自分の武器だって。

私は整形もオッケー。
でも、あくまで中身とのバランスがとれてればの話し。

天然の可愛いもオッケー。
夜中に顔をパンパンに腫らして泣いてるブサイクな海愛が可愛くて仕方ない。
こういう繕わない可愛さ大歓迎!

私も年取って来て焦ってる。
オイオイ。中身が顔にモロでるじゃね〜か!って。
ウザい顔の自分の時、髪型や体重のせいにしてたけど、
自分の心がうざったいだけだったと気付いた。

可愛い年頃も過ぎた頃だし、シワシワのオッパイとお腹に、賢さを詰めて、輝きたいもんだあね〜。


2014年9月29日月曜日

三位一体

こんにちわ!食欲が出過ぎて食べ過ぎて、その後寝すぎて何日間。
変化まえの充電だろうと、本能のままに過ごして、その後デトックス症状の頭痛で寝込んだあとは、やっぱり脱皮したりょうちんです。

進化って苦しいと毎々言ってますが、なんぎ〜ですわ。

人間って心、身体、魂の三位一体で出来ていて、これが絶妙だなあと今回感じた。
私は、毎日ヨガと筋トレを欠かしません。
なぜなら、身体を強くしたいから。
心=身体=魂だから、
身体が強くなれば心も、心が強くなれば魂も強くなる。
その逆もしかり。

心に1粒でも不満や感情が残れば、心が悶々として、身体も重く感じて、自分の魂も喜べない。

そういや、話は変わるけど、夫にこの前の季節切り換え浄化でギーを飲ませてたら、『あれはもう二度と飲まない!味が無理』と言われ、ダメかあって思った。
そんな人も多いと思って、報告!
実は、発酵バターを精製するあの作り方をインド修業の時にインドの医者に言ったら、『それはギーじゃない!ギーは。。。。。。。。』と30分ギーの作り方を教えてもらったくらい、とっても長い行程を経て作られるのが本物のギーです。はい。味も全く違います。インドの皆さんごめんなさい。
でもね、代用品って代用品だけど、効果少しあるのよ。
みりんだって、みりん風味でも立派だし、食べたって結局分からないじゃない?
なんて言い訳がましく。
なので、ギーが飲めない〜!と言う人安心してください。
3日間、オイルをすり込んで熱いお風呂に入ってスロータス(経絡)からデトックスする力を付ければそれでオッケーです!
以後も時々するといいです。溜まった時なんかに。
そして、一日ハーブティーとかるいお粥みたいな日を作って、消化器系を休ませる日も作ってもいい。
要するに、お金をかけずにただ、食べるのを抑えるだけでも、溜まったエネルギーを発散できる。もちろん運動も大事。

で、話は戻って、心に感情を溜め込むと、変に食欲が出て身体も太って来たり、そんな自分だからって、魂の存在を無視してダラダラ生きたりするのも、この三位一体の成せる術。

魂の進化だけ考えてお祈りばかりしてても、身体を大事に出来ないなら進化の道は作れない。

心の進化だけ考えて、綺麗事ばかりならべても、身体と魂が置き去りなら、噓っぽい綺麗事にしかならない。

身体の進化だけ考えて、食べ物を健康にしたり、これを食べれば良いとか飲めば良いとかだけ考えても、本当の意味の進化の道はない。

自慢だけど、ハイジでは、この三位一体をバランス良くみながら進化させるセラピーをしている。
一週間後に、大きな子宮筋腫の手術だと言う人にバラのオイルで、毎日自分に話しかけながら塗っただけで、当日筋腫が無くなった人。
おばあちゃんで末期がんで、手術と言われた人が浄化をしたら、手術でお腹開いたけどどこにもガンが無かった人。
酒もタバコも大好きなRちんが身体を大事にしたら、生き返った例など、これらは各それぞれのセラピーがたまたま原因にヒットしただけだけど、それだけが引っかかっているだけで病気になるとも言える良い例です。
普通は、この三位一体の全てに原因があるので、この水を飲めば治るとか、この考え方にしたら治るとか、このグループに入れば助かるとか、そういう単一的な究極的な答えは普通ない。
だから、私自身、これ以上のセラピーの効果を体感しているけど、言わない。
ハイジのセラピーをすればいいとか、オーシェディーの精油以外はダメとかそういうケチな考え方は嫌いだから。
だって、どんなものも、誰かに必要であるものだと思っているから。

ただ、大事なのは、いま起こっている出来事は、『自分の可能性を最大限に活かして下さいよ〜』というメッセージ。
その可能性を活かすに必要なのが『強さ』。
弱い人間に愛を求めるなとは、良く言ったもので、この三位一体のスパイラルを進化の方向に持っていくには、強さと言う『気合い』しかない。究極な物とか方法なんて無い。

身体を強くするの、めんどくさいし、キツいしね。
自分の正直な心と向合うのなんて、もっとめんどくさい。
魂?なんだそれ。
って思ってただ、日々を生きた方が楽だと思う。

自分を進化させる=活かすということ自体、苦しいこと。
人の智恵をそのまま丸呑みせず、自分なりに考え消化して納得する。

偉そな事いっちゃったけど、心身魂の一個だけやっても片手と片足落ちだよ〜全体を広くみて改善して行こうよ。という提案したかっただけでした。



2014年9月23日火曜日

できた♪

こんにちわ!先日の朝方、口に何か入って来るなあと目を覚ますと、海愛が自分のミルクのボトルの口を、ニコニコしながら口に入れて授乳してくれていて爆笑したりょうちんです。
子供の成長は早い(笑)

午後から口内炎がドンドン大きくなって来てやだなあ。と、さっきごま油うがいをしたら、一発で治った!
ただ、ごま油を大さじ一杯口にいれてブクブク(長めにね)したら、ガラガラしてペッするだけ。
舌下からの吸収はとってもいいし、全身にオイルが巡ります。
特にこのフランス産のオーガニックごま油、美味しい💗
クレオパトラも愛したセサミオイルは、若返り、免疫アップ、デトックスなどなど効果抜群♪

先日、このセサミオイルの案内をしましたが、注文の方には『セルフマッサージ』の攻略法を同封して送ります。今日手書きで頑張ったのでお楽しみに♪

それと合せておすすめは、今回のセサミオイルは200ミリと大ボトル。
その内50ミリリットルを別容器に入れて(ハイジで売ってたブレンドオイル瓶があれば、あれは50ミリです)、風邪と放射能予防の『メラリーシュカ』の精油を20滴入れて(ちびっ子が使う場合は10滴で)、外出前に喉にぬって甲状腺を守るようにするといいと思います。

みなさんの、健康と仕合せを心から祈って。。。


2014年9月20日土曜日

母へ

♪薄紅の〜コスモスが〜秋の日の〜♪ りょうこです。

今日、夫に母業を頑張ってる自分を褒めて、ゆとりを持ったらいい。と言われ、
はっとした。なぜか自分は母業の自分を褒められない。
それは、たぶん自分の母を認めていないからだろう。

その後紅葉の中を散歩している時、母業に想いをよせた。

始めての出産の時、想像を絶する体験に『世界中の全ての母を尊敬する!』
と心の中で叫んだ。

全てが当たり前じゃない。そう思った。

19歳で私を妊娠して、反対されたのに産んでくれた母。
遊びたかったろうに、身体の弱い私を朝まで寝ないでよく看病してくれた母。
たくさん抱いてくれた母。
笑ってくれた母。
怒ってくれた母。
泣いてくれた母。
聞いてくれた母。

ごめんね。私、自分の理想の母とお母さんを比べていた。
あのお母さんみたいだったらとか、もっとこうしてほしいとか、
苦しかった事を恨んだり、いっぱい傷つけて。
悪い事たくさんだったけど、そんな苦しい中でお母さんは
下手でも、生き抜いた背中が一番勉強になったよ。
理想のお母さんじゃなくて、あなたでよかった。
あなたじゃなかったら、私になれなかった。

沢山の下手を重ねて、うちの家族は見事に崩壊した。
でも、その崩壊した瓦礫の1つ1つが勉強材料で、おかげで本物の家族が解るようになったよ。
綺麗事だけじゃない、苦労だけじゃない、みんなが正直にいいあって成長していける家族を作れるようになったよ。
バラバラになって会えなくなって、それでも会いたくなる時は、昔よく手をつないで寝てくれたのを思い出して寝てるよ。私にとってかけがえのない、温もりだったよ。

わたしも当たり前だと、母業をいままで頑張って来た。
何も無い日が無い位、毎日苦労も多いのに当たり前だって。
それでもまだまだ頑張らなきゃ!あれもしなきゃ、これもしなきゃ。
時間がどれだけあっても足りない。まだまだ!って。

今日はそんな私にみかねて、夫に無理やり寝かされて、『昼寝嫌いだっていってるだろ!』と抵抗しながら、3秒で爆睡するくらい疲れてる。これが母業やってる証拠じゃないか。

そして散歩してて気付いた。
私は何にもしてない。何にも作り上げてないって自分を責めてたけれど、
かけがえのない子供達を毎日一生懸命育ててるじゃないか。とハッとした。
子供達は、未来へとつづく架け橋。どこまでも残って行く作品。
自分が今している事が、未来へと続いて行く。。。

お母さんへ

数えきれない苦労の中、育ててくれたこと、一生忘れません。

2014年9月18日木曜日

3日間解毒プログラム 〜マッサージ編〜

セルフマッサージ

マッサージの効果は絶大なので、アーユルヴェーダでは毎日のセルフマッサージをすすめています。
朝、シャワーを浴びる前にマッサージをするのが最適ですが、夜のゆったりした時間でもいいでしょう。
忙しい時は2分間でいいので手軽なマッサージをして、習慣にするといいとおもいます。
時間があるときは、オイルをしばらくそのままにしておくと効果的です。(特に頭皮)
また、睡眠に問題がある時は自分で足のマッサージをすると落ち着きます。

◎ごま油<セサミオイル>

マッサージに最適なオイルはごま油です。
しかし、暑い季節などの使用で、ごま油で発疹が出た場合などは、サンフラワー油やココナッツを使いましょう。

ごま油には身体を落ち着け、滋養を与える効果があるので、マッサージに最も有効なオイルだといわれています。
ごま油によって、消化器系が浄化され関節や筋肉が潤滑になり、アーマ(毒素)が排出されて組織が若返り、老化も予防されます。
当然、肌もすべすべになります。
ごま油には抗酸化物質が含まれていて、変性の病気の原因になるフリーラジカルの活動を抑え、免疫系を強化するともいわれています。
また、マッサージの行為そのものにも心と感情を鎮める効果があります。

◎オイルマッサージ

1、部屋を暖め、床にタオルを敷く。オイルを湯煎にかけるか、暖房気部の上においてあたためる。オイルを頭皮、頭髪、足の裏を含む全身につける。

2、頭部からマッサージを始める。
頭皮を力強く円を描くようにマッサージし、それから力を抜いて耳や顔、首をマッサージする。背中も手が届く範囲で揉む。関節部分は円を描くように、広い部分はまっすぐ撫でるようにマッサージする。

3、次に、腕、胸、腹部をマッサージする。腹部全体は時計回りに優しくさする。

4、脚は力を込めてまっすぐにマッサージする。かかと、ひざ、おしりの部分は円を描くように揉む。


5、最後に脚の裏を念入りに揉む。(オイルが床について嫌な人は靴下を用意しておく)



3日間解毒プログラム

ギーの作り方

1、無塩バター200gを厚底なべに入れ、弱火で溶かす。(発酵バターがベスト)
2、バターが透明な黄金色になるまでじっくりと火にかける。泡がでなくなったら、さましてからこしてガラス瓶にいれる。


パンに塗ったり、料理にも使える。


ギーの効能
◎全てのドーシャを落ち着ける働き。
◎消化エネルギー、消化酵素を増加。
◎肝臓に溜まらず、働きを強める。
◎目にもとても良い。


体質別プログラム
ヴァータ体質:毎朝、空腹時にギーを大さじ1杯飲みます。
いつもより寒さを感じやすいので、身体を冷やさないように気をつけます。

ピッタ体質:毎朝、空腹時にギーを大さじ1杯半〜飲みます。
このプログラムで消化器系全体が浄化され、イライラの原因となる過剰なピッタが洗い流されます。

カファ体質:毎朝、空腹時にギーを大さじ1杯飲みます。
毎日運動してください。痰や鼻水などの粘液の症状が出たらナスヤで解消しましょう。




解毒方法(4日間にまで延ばせる)

用意するもの:ギー、果物、熱湯に2センチの生姜をひとかけら入れたお湯を魔法瓶に入れておく。

1、ギーをカップに移して湯煎で溶かす。
2、適温のギーを一気に飲んだら、オレンジなど柑橘類をかじって脂っこさを消す。
3、その後5〜10分休憩して、生姜湯を30分ごとに少しづつ空腹になるまで飲む。

プログラム中、毎日セサミオイルによる全身マッサージの後に熱いお風呂かサウナに入る。



プログラム中の食事方法

朝ご飯を抜いて、昼と夜ごはんは、心が求める食べ物を丁寧に食します。

浄化プログラム中はカフェインを避け、白湯や美味しいと思うハーブティーを1日最低カップ4杯飲む。なるべく心のこもった手作りの食事を心がける。(ギーを使うとグット)



副作用と対処法〜アーマが排出されている良い兆候〜

頭痛:毒素の排出時によく起こる。とくにプログラム前にカフェインやアルコールを飲むと症状が出やすい。テレビ、おしゃべり、本の読み過ぎも原因。
〜安静にして刺激を避ける。瞑想、呼吸法やストレッチ。白湯などを沢山飲む〜

全身の痛み:体中から毒素が排出している。休息が不十分。
〜オイルマッサージをする。あっさりした食事。身体を温める。〜

食欲減退:身体が毒素の排出に集中している証。
〜よく火の通った消化のよいあっさりした食事。生姜湯をのむ。

無気力と疲労感:プログラム実施中に十分リラックスすると、身体が回復する過程で体内に溜まった疲労が発散される。


心身の衣替え

こんにちわ。ドイツは紅葉、涼しい日が続いています。りょうちんです。

1年に2回、秋から冬、冬から春のタイミングで、心身の切り替えのデトックスを最近したばかり。今は夫、続いて子供達の衣替えをするのに、お家セラピスト大忙しです。

何にでも言えるのですが、切り替えの時期が一番バランスを崩しやすい。
例えれば、車のギア。
きちんと、クラッチを踏んでタイミングよくギアを入れないと次のステップにいけないのととても似ていて、これが上手くいくと、次の季節も上手く乗れる。
上手く乗れないと、今後半年の心身のバランスとりが難しくなります。

で、これから暗く、寒くなって行く季節は、空と風のエネルギーが増えやすく、疲れやすい、乾燥、老化、不安定、気が散るなどなどの症状が起きやすいです。

そこで、3日間の解毒プログラムに大切な、オイルを塗って熱いお風呂に入るプログラムのために、日本で手に入りづらい『オーシェディー』のセサミオイルは、世界で一番厳しいドイツのオーガニック基準をクリアした貴重なオイルをマッサージ用に用意しました。
甘い香り、こっくりとした使用感はオーシェディーのオイルならではです。
たっぷり200ミリ入っているので、普段頑張る自分にたっぷりとマッサージに使って、デトックスをしてみてください。肌がプルプルで透明感がでます。

3日間、朝の寝起きにギーを飲んで、全身にオイルをたっぷり塗って、熱いお風呂かサウナに入ります。中から外からデトックスをして、新しい季節へギアチェンジしましょう。

やり方の詳細は、次にアップするので、あわせて読んでみて下さい。

私は、この3日間の解毒プログラムで、夫と大げんか。
小さな不満も、これくらい大丈夫と自分を騙していたのが爆発!
ほんとに、人に言いたい事の米粒も残しちゃいけないんだなって実感。

デトックス中は、色んな症状が心身に起きて大変だけど、終わってみると
ぐっと成長して前進している自分に自信が持てるようになります。

『案ずるより産むが易し。』
デトックスはどれも面倒くさいし、苦しいけれどやってみると、やってよかったと
思える不思議な魅力があります。
体験以上のものはありません。お試しを♪

<オーシェディー>
◎セサミオイル オーガニック フランス産
1本200ml ¥3、100(他社9、000円ほど)

◎メラリューカ(ブレンド済の精油)抗ウイルス・抗バクテリアなど。
ティーツリー、ニアウリ、カユプテなど。
1本10ml  ¥2、700(他社4、000円)
※オーシェディーのニアウリ、香りがとってもよくてビックリしました。
この精油、ヨーロッパではレントゲンの放射線をブロックする効果で実際使用されています。お部屋に焚いたり、香水にしたり、お風呂に入れたりと色々と使えます。
特に、お子様の胸元に毎朝一滴つけてあげるといいと思います。

<送料>
メラリーシュカなど、精油一本、1本送料500円
500gまで700円(例:セサミオイル1本&メラリーシュカ1本まで)
1キロまで1200円(例:セサミオイル2本&メラリーシュカ1本までなど)
※量によっては友達と共有すると割安だと思います。
解らない点は何なりと質問下さい。

<注文方法>
メールかFBで注文商品を連絡下さい。ryokokaracar@yahoo.co.jp
すでにドイツから商品を買って頂いている方は、不要ですが、始めての方は
『お名前』『住所(郵便番号含む)』『電話番号』を宜しくお願いします。
発送は約1週間程の予定となっております。





2014年9月12日金曜日

国が違えば

こんちわ!先日ここトリアだと、海渡は中学生に、丸理は小学校に入学しました。
来年ベルリンに戻ると、海渡はまた小学生に戻る。
ドイツは州によって制度が違うので、起こる事。
そして、丸理の隣の男の子は、海渡の友達の弟で、去年一年生だったので留年してるのが解った。
出来が悪いと、進めないし、出来がよければ先に行ける制度。
こっちは、同学年とか仲間意識が薄いので、苦にならないだろうな。
幼稚園も中学校も縦割りの活動だし。

ほんと、あまりの違いに笑っちゃう事がおおい。

海渡の入学式??(みたいなの)は教会で、さすが音楽の国ドイツ!吹奏楽による生演奏で、下にジーパン履いた神父二人登場!
何だか、司会もなく歌歌ったり、縦笛吹いたり、お祈りしたり。
私は宗教ないので、無視してたけど、最後が笑った。
終わりは、『We will Rock!』の激しい吹奏楽の音楽。
神父さんもノリノリ。
いつの間にかみんな帰る。
やっぱ、団体行動無理ですね。個人主義の国では。

丸理の小学校は、時間が短い。もうさ、2ヶ月近くの夏休み(宿題無し)が終わり、やっと解放される!!!と思いきや、8時に行って12時に帰って来る(涙)。
こんなのやってけね〜!と夫に切れ、2時までの申し込みをしてくれるといったけど、もっと勉強しろや!!って。
まあ、家の手伝いをしてもらわんキャだから、2時くらいでいいんだけどさ。

丸理の入学式??は、円陣になって話ししてた。大体クラスも円陣で授業。
で、とっても素敵な校長先生で、自らギターを弾いたり、司会をしたり。
親も先生もジーパン姿。普通通り。

海渡なんて、『オレ友達には会いたいけど、勉強量が多くて日本の学校に二度と戻りたくない』って。
そうだろうそうだろう。日本の半分以下の勉強量だ。
こっちは、覚える様な勉強はとても少なく、自分で考える力をつける教育がなされてる。
個性を大事にするというか。
海渡の親友が丁度同じ中学校に行って(選ぶので、みんなバラバラになる)、たまたま隣の席。私が『ドイツ語教えてもらえるからいいじゃん!』と言ったら、
ゲーマーの勉強嫌いな親友に逆に教えてやってるそう(汗)。
だめだこりゃ。

まあさ、何がいいとか悪いとかの論議でなく、面白いなあって思う。
こっちは、大学も無料なので、まあ、自分の夢を見つけてから、猛勉強しても遅くないだろう。大学なんて誰でも入れるけど、卒業が大変!
これも日本と全く逆の現象で面白い。

色んな国の色んなやり方をみることで、考え方の幅が広がるのが大好きなりょうちんでした。




2014年9月10日水曜日

人目

夫の実家のベルリンに行ってきました。りょうこです。
やっぱベルリンは肌に合うなあと、いつも感心する。
なんだろう?いままで行った土地の中で一番自由な空気。

一週間の滞在だったけど、去年は喧嘩ばかりだった義父とも、仲良くなり、
本音で話合える仲になってました。
そんな義父がとってもいい話を教えてくれたので、紹介します。

ある所に、ロバと老人と子供がいました。
老人は子供をロバに乗せて歩いていると、それを見た人が
『あの子供は、老人に歩かせて、ひどい子だ。』
そういわれたので、次は老人をロバに乗せて歩いていると、
『あの老人は子供にロバを引かせてる、何て人だ。』
そういわれたので、二人でロバに乗って歩いていると
『二人でロバに乗って、可哀想なロバだ。』
と言われたので、とうとう二人でロバを持って歩いていると、
『ロバを担いで歩く何てなんてバカな人間だ』
と言われたそうな。

これは義父の大好きな話しで、だから自分で何を感じるか?そしてそれを行うか?がとっても大事だって語ってくれた。

人目を気にして自分の人生を創りあげると、噓が多くなる気がする。
出来ないのに出来るふりしたり、無いのにあるふりしたり。
そんなロバを担ぐ様な努力をせんでも、
誰が何を言おうと自分は自分の感覚を大事にできれば、どんな環境でも仕合せになれるはず。

私も前に陰口ばかり叩く、大嫌いなママ友の目の前で言ってやった事がある。
『私が何をしても、気に入らなくて悪口をいうんだから、どうぞ言って楽しんでいればいい。』って。
ほんと、どんな生き方したって、賛否両論。
その中の否定意見を無くそうとするより、それと向合って愛してあげる方が賢い。

人目よりも、自分が自分をどう見てるか?
これが一番大事だとおもう今日この頃です。




2014年9月5日金曜日

見詰め直す

こんちわ。
地獄の苦しみから少しづつ抜けて来たりょうちんです。
まったく、真実って、進化するって苦し過ぎる。。。
1人で生きた方がずっとずっと楽でいいのにって地獄の苦しみの中で、自分を恨んだ。

実は最近は最低な自分を見詰めていた。
そんな中、
『最低と最高の自分を知る事で、自分の身長を知る事ができる。
恥をかいて横が、命の大切さを知って体重を知る事になる。
そして、中身をそのまま見詰める事で、自分の活かし方を学ぶようになるだろう。』
という名言を根源からいただき、またもや撃沈。
恥を書くのは得意。中身を見詰めるのもすき。
だけど、最低と、命の大切さというのはきつかった。

いままで、自分のしてきた最低を見詰めるって苦し過ぎる。
自分はしてないって思いたいけど、これは誰でもある身長とおなじで、
みんな最低を持っている。
でも、最低にならないようにと最高を目指すとずっと背伸びした状態で疲れる。
だから、最低の自分を知って自分を活かして最高を知るしか無い。
ほんと、間違いを認める事ほどの苦行ってあるだろうか?
ロウソク垂らしてもらったほうがずっとましじゃない?

そして、私は過去世に早く死んだり、今世は何度も自殺しようとしたりしてるぶん、私は自分に対して『存在コンプレックス』を持っている。
命の重さがわからないんだとおもう。
自分の存在の重さも。
いま夫と切磋琢磨。(喧嘩とも言う)
やっと、自分の存在の重さそのままを受け止められるようになってきたけど、
前は、変に重く感じたり、軽く感じたりで苦しかった。
重くしようとして凄い人になろう!とおもったり、それが出来なくて自分なんて、、って軽くしたりと、まあ暇なこっちゃ。
そのまんまでいいのにね。

まっ、そんなこんなで、やっと等身大が見え始めた仕合せを味わっております。

2014年9月2日火曜日

自分サポーターになる

久々すぎる登場…かおりです。
りょうちんのブログって本当におもしろい。 まさに自分がいまそうだった…手作りにこだわるとマジ時間がないの…毎回離乳食丁寧に作りすぎてたぜ…寝る暇も、自分のご飯食べる暇もないっす。
当たり前だのクラッカー。 

今回はシリアスです。
妊娠、出産、子育て真っ最中と聞くとバラ色の日々みたいなイメージありますよね。  ポジティブすぎると、現実を目の当たりにすると致死量のダメージをくらいます。

私は、正直 この数年間 辛い事があまりに多かったのです。 けど、それは過ぎてから気づいたことであって、人間いかようにも自分をごまかしたり(平気!大丈夫!とか)、騙せるんだな(そんなわけない!とか)ということが分かった。
騙した時間が長いほど、気持ちが癒されるまでにたくさんの障害が待ち構えてる。

 私の悪い癖は、何でも自分を責めてしまうことと、自分の気持ちを最優先できないこと。

人はあまりにショックな事があるとその記憶がなくなるって聞いた事がある。
例えばイジメられて、仲間はずれにされた時とか、裏切られた時とか、大切なものを失った時とか、騙されて陥れられた時とか 真っ最中に冷静に受け止められることなんて人間到底出来ない。

その気持ちを持ってたら生きていけないんだって。 だから消すんだって。

葬式とかも、なんで家族は悲しむ間なく準備しなきゃいけないんだろう?って子供の時から謎だったもん…。
人間の心ほど複雑なものはないよ。
だからセラピーも終わりがないし、とっても難しいし、死ぬほど気力がいるし、生涯現役でやってもどこまでセラピストとして成長できるかな?って思う。やる気は満々だけどね!

 心は見えないからどれくらい傷ついたか分からないし、それが癒されるまでには時間がほんとに必要なことに今やっと気づいたところ。

あと、そんな自分を責めないこと。 
タイムリミットをつけてはいけない。自分の性質なんて変えられるわけないしさ(プラクリティとか、アーユルの考え方だね。自分を知るということが調和になる。)

立ち直らなければ、前を向かなくてはっていう傾向とか思い込みが強すぎて また自分を追い込んでしまう。
イライラしてしまう自分。
すぐ涙がでてしまう自分。
悩んで悩んで、眠れない自分。
こんなことで落ち込んでるなんて…と責める自分。消えたくなる時もある。
何を望んでいるか見失う。 自分のために行動出来ないとか…色々。
しっかりしなきゃ!とかね…。

そんな自分を、誰も分かってくれないかもしれない。(いや、心のパートナーりょうちんは分かってくれたなぁ)

だからこそやっぱり自分で分かってあげなければ生きていけないんだなと思った。 批判したら、どうやって生きていけばいいのよ?

私は単細胞だから、落ち込んだりショックな事があると 甘いもの食べて落ち着こうとする。けど心はそんなのよりも、ただ寄り添ってほしいんだ、
自分のペースでゆっくり進むことを全力で応援してやることにした。

生きてるといろんな事がある。
人に言えない苦しみとか、悲しいこととか、山ほどある。
真実を見るってそういうことなのかな。 
別れとか、信頼関係がなかったこととか、綺麗な嘘で内側はドロドロとか、こんなにあの人って冷たかったんだとか、自分は人がこんなに怖かったんだ…とか。 真実だから逃げ場がない。

妊婦は修行だった。 出産は命がけだった。結婚もこれほど大変だとは思わなかった。子育てはまだまだこれから…。
当たり前のように人がやっていること、全然当たり前じゃない。 出来ないからって責めるのは違うんだね。
スムーズにいかないから 不器用だなんて思わないで。自分がちゃんとしてこなかった罰だなんて思わないで。
今日を生きてる事に。生きようとしてる事は何より素晴らしいことなんだからって娘を見ていて思う。
あ、もちろん自分も。
生きてたら何だってできる。



2014年8月30日土曜日

現実

こんちわ!
毎日失敗だらけのりょうちんです☆
こっちきて一年。ほんと強くなったなあと自分を感心する日々。
前だったら、言えなかった事とか、出せなかった態度とか色々考えてたらあれ?
わたし、前の結婚前はストレート過ぎる表現をしていた子だったなって。

なんで前の結婚から自分がモヤモヤしたのか?考えてみた。
それは始まりからだったなあ。
子供ができたので、おろせと言われようと1人で産むっていった。
3日後に結婚すると言われたから、私はどこかで、この人を幸せにしなきゃと勘違いした。合ってお互いな筈なのに。
だから、家では奴隷のように我慢した。言いたい事全部我慢して生活していたことすら離婚するまで気付かなかった。
離婚の後、結婚したのは両親に怒られるからだって言われて、ずっと愛されて一緒にいたと思ってたから、勝手に裏切られた気持ちになった。
それと同罪なのは、私は10年間もそんな彼を合していない自分を騙した事。現実を誤摩化して生きた事。

ただ、結果が欲しかったんだとおもう。
子供、夫、家、仕事。でも一番大事な『愛し合っていない』現実をみていなかった。
子供にもそう。
どんなに忙しくても、手作り、体にいいものとか与えていた。
でもこれも見えるものでしかなかった。
私は、手作りなどという結果にこだわるあまり、忙しく、子供を見てなかった。
手作りや、体にいいものにお金をかけるために忙しく働くよりも、ただ現実目の前の子供達をしっかり見て受け止める事が愛だということに気付けなかった。

日本にいるとき、ガーデニングをしていると近所のオジさん達が集まって来て色々教えてくれた。世話が下手な私によく言ってくれたのが、『とにかく、見てあげるんだよ。見てあげるだけで不思議と元気に育つんだ』って。

それって、子育てだって一緒だって気付いた。
愛が解る子になってほしくて、目の前の子供を見ないで手作りをしていた自分は、ただ現実の子供をしっかりみて向合ってあげる事から逃げていた。
なぜなら、大きくなった今、忙しくしたわりに愛が解る子かなあ?という現実が見えたから。
私は、子供達ととことん向合うという向き愛を見失っていた。
これだけしてあげてるんだから大丈夫だろう。
家の子に限って、大丈夫。
浄化してるから、大丈夫。
これって全て条件でしかない。
〇〇をやっていれば大丈夫なんてものはこの地球に1つもないのに。

いまの夫は育てのパパ。
本当に子供達をよくみて向合ってて、尊敬する。
その姿をみて、間違っていた自分にやっと気付いたんだけどね。

ちなみに私の言っている愛って現実。
現実の自分をいかに素のまま合いせるか?
間違いをそうですと認め、自分に合う方向に努力する力。
自分のそのまま(現実)を認めないと、人のそのままも見れない。

愛ってもっと甘くて、気持ち良くって、ふわふわしてて、包み込まれて、安心して、花畑なイメージだったけど、まさかこんな夢のようじゃなく、こんなポンコツな自分を見る事だったなんて!!!

しかし私は、小さな頃から現実主義。
現実主義の自分が神を語るという矛盾に、なんども苦しんだ。
宗教家だとか思いもしないこと言われたり。でも、見えないもの言ってりゃそうだよな。
でも、わたし確信できないことは信じない。
でも、現実主義の私にとって、心臓が勝手に動く事自体が神秘という現実だから、やっぱ現実主義だろう?とおもうわけ。現実主義だからこそ、神が解るんだろうと。

よく、神が信じられないと言われるけど、なんで信じようとするんだろう?とおもう。
現実みればいいだけ。
信じるとか信じないとかの議論の前に、だれが心臓動かしてるのか?を注目すればいい。
体中に神経が通っている事をよくみてみればいい。
現実の中に神技が溢れてる。
どんなに神を疑っても、信じても、みんな心臓と神経を持っていて、いまも働いている現実をみるべきだ。

〇〇をしたら、△△になる。
という、条件に縛られていないか?
手作りをしたら、優しい子になる?
ベジタリアンなら健康になる?
結婚したら幸せになる?
ミルクの赤ちゃんはデブになる?
体を冷やすと病気になる?
神を信じると救われる?
人に優しくしたら好かれる?

これら方程式の結果をみて、じゃあ〇〇をすればいいや。
というのは、あまりにも表面だけで買い物的すぎる。
人間的じゃない。

だって、
手作りをしてても、気持ちのわからない我が子。
ベジタリアンで、病気やデブな人。
結婚して不幸な人。
ミルクの赤ちゃんでも海愛はデブにならない。
毎日水シャワーしてても、病気にならない我が家。
神を信じてないけど、救われてる自分。
人に優しくても、嫌われてる人。
これが現実じゃないか。

愛ってなんだろってずっとずっとずっと悩んで来た。

今の私にとって愛は、現実。神も現実。
どれだけ、クリアに自分をみれるか?
どれだけ自分を誤摩化さない行動をとれるか?
どれだけ失敗を認められるか?
そうやって、苦しくても自分を見詰められる人こそ本物じゃないのか?

ははは。
目の前の海愛を見てないでブログ打ってる愛なき自分。
これも現実。

これが合。




2014年8月23日土曜日

心を亡くす。

こっちきて早いちねん。
早いなあ。
ワイン畑で働きたいという意志が、大切な友人と出会わせてくれた。
昔ながらの製法でびっくりするほどの時間と手間をかけて創られるワインを見学し、試飲。時間が織りなす芸術の味を堪能してきました。


年だなあって思うのが、1年が早い、、、ならいいんだけど10年が早いこと。
このワインで感じたのが、10年後は50歳近く。
いままでの10年があ!!!!!!!っと言う間と考えると、これからの10年はジョ!!!!!!!!!!!っと言う感じか?
この10年の計画と、その次、その次まで考えてしまう年増娘りょうちん。
50歳の自分への誕生日プレゼントは「馬の赤ちゃん』って決めてる♪
育てて乗って最後は食べる(笑)。
冗談はよしとして、人生ってほんとに短い。いつ死ぬかもわからない。

そうだった。
明日死ぬかもだった。
子供達に今日いった。
食事の前に手を合わせて瞑想させた時に、『人生の食事の回数は決まっているから、十分味わって食べたまえ。』
ほんと、そうだ。
私たち人間全員が、確実に死に向っている。
これが最後の食事かも。
最後の会話かも。
最後の仕事かも。
最後のふれ合いかも。
最近は年増りょうちん、そんな風に考えて大事に一瞬を味わっている。

自分、やりたいこと、夢もたくさんあるけれど、何より怖いと思うのが、
心を亡くすと書いて忙しい状態で、死んで行く事。
(ここでは世間一般の忙しいというイメージというより、感謝できないという心の忙しさを指してます)
心がいつも今にいないで、味わえなかったら。
自分が見えなかったら。
感謝、感動が出来なかったら。
『お前はすでに死んでいる!』と自分に言う。
そして、何とかして切り替える努力をする。
感じないなら、死んでるみたいだし、生きてる心地がしないというか。
そうなると、とにかく色んな事を減らす。
イメージの中で、ホームレスになる。
家も、金も、家族も無い本来の0の姿になる。

それが、何も持たない最後の自分の姿だし。
最後、自分で自分が誇れるか?
酸いも甘いも辛いも苦いも人生味わって満喫できたか?
体験したい事全部したか?
やりたかった事したか?
人を愛せたか?
そんな自分を愛せたか?

貯金がたくさんあっても、
名誉があっても、
権力があっても、
財産がたくさんあっても、
これらの質問に自分が納得できないなら、私にとってそんな人生意味が無い。

5ヶ月になった海愛を抱ける『いま』は永遠に続かない。
愛する人との別れは必ず来る。
いつか、愛する師匠、一救恵先生に、胸を張れるように、いまは別れて心を鍛えてる。
いつか、別れた母親を、強くなった自分で抱きしめたい。
こっちきて一年。
この一年は多くの別れで沢山泣いた。
いま、いっぱい泣いて1年分強くなった自分は、新しい島を目指して今までの後悔と共に航海している。
大事なのは、失敗から自分の小ささをみて、それを今に活かす事。
いままで、たくさんの人を傷つけてごめんなさい。
そして、愛する人たちの為に、これから頑張ります。

一期一会。
一食全霊。
一発入魂!

みなさんの、悔い無き人生を祈って。。。



2014年8月10日日曜日

自分を育てる。

いや〜、断食で富士山登って帰って来たような清々しく生まれ変わった気分のりょうちんです。
やっぱり、人間あたりまえになると堕落するわ。。と実感。
育児に於いて、一番大事だと思うのが、心を大切にする事(愛がわかる事)。
でも、当たり前って心が無いと思う。
機械みたいでしょ。食べれても、貰っても、生きれても、誰かと一緒にいても当たり前。
感動がない人生なんて、味のしない食事みたい。

断食で、見えた見えた自分の傲慢さ。当たり前さ。
ヒドイ自分。これが現実かあ。と。
合するって本当に苦しい。
ほんのちょっとの誤摩化しが、モヤモヤの元になる。
いちいち向き合ってあげないと、心のアーマがこんなにも溜まるんだってビックリした。
めんどくさがってたら、アーマがどんどん溜まってモヤモヤするだけ。
そういや、夫が良い事言ってた。
ドイツの言葉で、『人生の半分は整理』だって。
それ聞いて、浄化って整理って意味だから、ドイツ人は自浄作用の強い人種だと思った。
本当に家の中、とっても美しく整ってるし、おしゃれ。そんなに外見に力入れる人いなくって、その分、中(生活)にかけるのかな〜と思う。価値観が違うんだね。

浄化って聞くと、洗って流して嫌な事がどっか行くイメージがあるけど、とんでもない。
私にとって浄化は、整理するために、目の前に『はい、これがあなたです』と置かれるイメージ。大体おいおい!こんなかよ〜!って突っ込む始末(笑)。
でも、どこに何があって、自分はどんな人間か?整理できたら、モヤモヤも無くなる。

まっ、この小さな自分の心を育てる為に生まれて来たんだ。
小さくて、出来ない事もいっぱい、失敗だらけだけど、その分成長してる。
弱いながらに経験してる。
今回そんな、自分の心を育てる事を無視して来た事を反省した。
自分の心はイヤだと呟いてたのに、聞いて、言ってあげれなかった。
目標があるのに、弱い自分の心に流されて自分に厳しくできなかった。
大人になると、注意してくれる人は少なくなる。(ドイツは違うけど)
だから、自分で自分としっかり向き合い、厳しくも育ててあげる必要がある。
もうね、断食すると、自分のすべきことが丸見え。
それで、何始めたって?
あはは。ドイツ語の猛勉強。
あったりめ〜のクラッカー!な事を今までなんで一生懸命してこなかったのか?
かなり後悔した。一日単語一個やるだけで、いまこんなに苦しまなくてよかったのにい。
結局、怠けても最後に後悔するのは自分。
妊婦だしい。子供産んだしい。変化だしい。って色んな言い訳を集めていた自分の愚かさに呆れる始末。
自分で自分に厳しくしないで誰がする?(あっ夫が厳しかった。。)
そいや、夫が良い事いった。厳しくしないと、デザートが美味しくないって。
確かに。
ケーキ食べた後に甘いの食べてもね。
へろへろになるまで、運動した後のビールの旨い事!
だから子どもにも、嫌な事全部してから、楽しい事をしろ!って厳しく言う。
それは自分への戒めでもある。
そういや、小さい頃いつも遊んでくれたYちゃんは頭がよくって、いつも宿題やってくれた(笑)。
彼女はいつも右手にペンだこ作ってて、勉強嫌いな私は『かっこいいなあ』っていつも憧れてた。私なりにやっても、全くできないタコちゃん。Yちゃんはどれだけ勉強してるんだろ?って不思議だった。
彼女は、持ち前の頭のよさはもちろん、努力の塊で、今は女子でとっても珍しい職種で活躍している。やっぱりあのペンだこは尊敬に値するものだった。

だから、豊か過ぎる現代で、愛がわかるように育てるのに必要なのは、自己統制力かなと。
だって、楽にばかり流されたら、本当の楽しみがわからない感動も夢も無い子に育っちゃう。
だから、どんなに苦しくっても自分の心に厳しく向き合う。
自分に厳しく出来ない人は、人に絶対厳しく出来ない。
だから、自分をコントロールする力をつける。人や欲に負けて流されない精神的強さをつける。
本当に芯の強い人にしか流せない愛があるのだから。
今日も気合い!憧れのペンだこ目指して!


2014年8月3日日曜日

パイプ掃除

はあ。食べたいよ〜!と、夫のお尻を齧ってるりょうちんです。
今日で、断食5日目。まっ、レモネード飲んでると言っても、水分。
毎朝しお湯を1リットル飲んで、体内の細胞レベルのアーマ(老廃物)を下痢で流すんだけど、どうしてどうして。まだまだ出るのがヘドロ級のアーマ。
毎朝、何でこんなにと首を傾げるが、腸壁の面積はテニスコートくらいあるというし、それも芝生みたいなんだろうし、アーマはベタベタしてる訳だから、仕方ないか。
と思いつつも、不思議でならない。
体重も三キロ落ちて、体脂肪は2%落ちた。なのに、筋肉量とかは減らないと言う事は、三キロぶんのアーマがあったと言う事。というかまだまだ。
心と身体は繋がってるから、感情も爆発する。

どんどん、すっきりしていく心身。
苦しいけれど、途中苦しすぎてなんでこんな事してるんだ??って見失いそうになりながら、アーユルヴェーダのデトックスを実践。
身を以てやってこそ説得力があるからね。
あれ?真似したくない?
でも、詰まって病気になったら、自然に食べたくなくなるはず。

なぜなら、人間の心身は筒状。
例えれば洗面台。
詰まったり、変な匂いがしたりした経験ありません?
私は38年間(才)使って来た洗面台を想像しただけで、いままでよく詰まらなかったなあ。あっ。病気多数だった。あれは詰まりだったのか。。。なんて
自分を洗面台に例えます。
口臭や屁が臭いのは、溜まったヘドロが腐ってるから。
それを放っておくと病気になる。
いやいや、毎朝5回も洗ってもこんなに汚れがあるならば、
そりゃ、不調もでてくるわ。と感心。
だから、体調もどんどんよくなっていく。
肌は内臓の鏡だから、きれいになる。
高い化粧品を外から付けたり、健康食品を外からとったりするよりも、苦しいけれど効果は抜群だ。

というわけで、パイプ掃除、早くおわらね〜かな。と祈る、食いしん坊りょうちんでした。


2014年8月1日金曜日

反省。。。

あ〜。断食(といっても、レモネード飲んでる。)三日目、体重二キロ減、体脂肪1、5%減。そんなことより、精神的にゼロ点まで急降下!のりょうちんです。

なんかさ、前から自分のイメージする自分と写真の自分のギャップには薄々気付いてたけど、『この体重の数字は、G(重力)が増えただけ』と言い訳をし、自己正当化。
しかし、体重が減るごとに見えて来るのが、そんな現実を見れなかった弱い自分。

今朝は、『現実をしっかり見るから見せて』と根源にお願い。あはは、お願い通り嫌な事10連発。その中で見えて来たのは、自分はゼロの目で見てなかったという現実。
子どもに対しても、親としての期待や希望みたいなのがプラスになってて、現実の子どもを見てなかった。散々向き合って一番落ち込んだのが、合(愛)せてなかった現実。

愛って、パチッとキチっっと合って始めて愛になるもんだから難しい。
言い訳不要。要気合い。厳しいもんだ。
だから常に現実の自分を気合いで見ないと、周りの現実もみれない。
愛じゃないのに、愛のつもりになって変に酔ってしまう。

断食をしはじめたのも、なんだか自分への愛(合)が感じられなかったから。
なんか、パチッとしないで、モヤっとして、感謝が薄い感じ。
そんな自分への戒めから始めた。
食べれるのが当たり前、家があるのが当たり前、家族があるのが当たり前、人の親切が当たり前、生きているのが当たり前だと、プラス点で生きてるもんだから、減らす事が嫌になる。さっきなんか、私ドイツに居るのか。。?など当たり前の事にビックリしたり。

でも、食べれないと、、、、全てがゼロ点になっていくのを感じる。
当然、心身のアーマ(老廃物)も流されていくから。
ゼロ点の産まれたての状況まで持って行くから、素の自分が見えて当然。
赤子の海愛と、『家らは毎日同じの飲むだけ仲間だもんね〜。心身もキレイだもんね〜』と励ましあいながら、頑張ってる。
断然『足す』事の方が、『減らす』事より楽ちん。逆はめんどくさいし苦しい。
食べるのと吐くの。
聞くのと言うの。
買うのと捨てるの。
愛されるより愛するの。
貰うのとあげるの。
貯金と支払い。
得と損。
でもさ、これ逆が宇宙の法則。
でも、めんどくさいんだよ〜!苦しいし、損したくないし、現実なんて見たくもない。だったらこのままでいい!って思うのよね。だから、10年も体重を戻せなかった。

弱いな。自分。
いまも食べたくて仕方ないけど、そんな自分への戒め。
断食中は素直になれるから、人にして来た事を反省したり、人から受けた愛に感謝したり。
断食ってほんと、気付く事が多過ぎる。痛過ぎる。
今日はグウの音が出ない程落ち込んだ。私は落ち込む時はいつも徹底的。
変になぐさめられたり、元気出そうなんての嫌い。
自分を責めまくる。だって、真実じゃない。それを見れなかった自分の弱さは責めるしかない。それも現実の自分への合(愛)。

人は何にも無いときこそ力を発揮する動物なのかも。
こっちでは大学生の友達がたくさんできて、彼らとも話して思う。
夢が無い子が多い。恵まれた環境でそだっている。
断食?絶対嫌だって。ごめん、家の子は悪い事するとご飯あげない。
家の子だったらノーチョイス。
この前は丸1日食べさせなかった。それは、自分を見詰め直すために大事な事。
そして、健康にもいい。そのおかげで風邪も治った。
断食はお釈迦さんの時代からやってる大事な精神を強くする修業。
進化には欠かせないのだ。
そして、DNAは栄養をやらないことで目覚めたのと同じ、細胞が生まれ変わるという効果もある。だから、断食後は肌も目も心も清々しくなる。

な〜んて、偉そうな事言っちゃって。自分を励ましてるのさ。
だって、苦しいんだもん!食べたいんだもん!
でも、それ以上に進化したいという想いが少し強いからできる。

苦しい事を愛せれば、人は仕合せになれるだろう。という名言を残し、腹ぺこだし、おやすみなさい。。

2014年7月29日火曜日

マイクロクレンズ方法

断食マニアな自分。梅湯流しがしたいけど、梅干しが無いからと探した結果たどりついた『マイクロクレンズ』を昨日から実戦!
1日たった今朝は、体重1、4キロ減。体脂肪0、7%減。骨、筋肉量はUP。
断食よりも空腹感が断然少ないので、おすすめ。
http://www.geocities.co.jp/Beautycare-Venus/2032/lemonade_diet/process.htm

ゼロ

こんにちわ。適当が出来ない不器用な自分に、少し落ち込む涼子です。
誰々の何々だからとか、家族だからとか、長い付き合いだからとか、ビジネス関係だからとか、夫婦だからとか、親子だからとか、仲間だからとかで付き合えない自分。

私はただ人間との関係に於いて、『愛したいか?』だけ。
だから私にとって、相手を信じられないからとか、嫌いだからとか、めんどくさいからとか、傷つけられたとかは、別れる理由にならない。
でも、自分が『愛せない』と感じたら続けられない。
それには感覚的なもので理由が無い。ただ、その感情があるのに付き合い続けることは、自分にも相手にも失礼だと思うから別れる。
それでも、〇〇だからといくらでも言い訳は引っ張り出せるけど、そこまでして続ける意味が私には解らない。

最近は、それがはっきりとした。愛で繋がれる関係だけを愛していこうと。
無駄に気を使うのを全部やめて、自分が愛していて、そして愛してくれる人に精一杯の愛を還していこうと。

真面目な話はこの辺にして。
子どもに、『何も無いゼロを教えてやる』と言って厳しい体験をさせた事で、彼らは大切な愛に気付いたみたい。穏やかな表情と、今の方が気持ちいいと言う彼らを見て、やっぱり、ゼロって大事だなと。
何でもあるのが当たり前だと、失う事が怖かったりイライラしたり不満ばかり溜まるけど、ゼロならプラスかマイナスしかないというシンプルな考えになれる。
この前も、自分が勝手に相手を期待して、現実が違う事でショックを受けた。
でも、自分が勝手に相手をプラスに見てただけ。
それはゼロの目で見てなかった自分の責任。

で、始めました。『マイクロクレンズ』。
10日間食べずに、毎朝腸を洗ってレモネードを飲むだけの生活。
ゼロになれていない自分への戒め。
どれだけ、目の前の全ての事がありがたいことか。
どこかで目の前の全ての事が当たり前な自分を愛せなかったから。

よく『自分を好きになりたい』と相談を受けるけど、私は毎日自分を嫌いになるから、その物差しはグラグラで持ちたくない。
でも、ありのままの自分を見詰める『自分が愛(合)せる自分』という物差しは、いつも持っていたい。

知識も常識も全部捨てた、ゼロの心が一番美しいと思うから、どんなに夫に『10日間食べない?ありえない』と言われても、やってやるもんね。




2014年7月21日月曜日

家族だから、、、?

こんちわ!日本からはるばる仲間が来てくれて嬉しいりょうちんです♪

最近、大きな気付きがあった。
子供達が何でも許されると思って、甘えた行動をしてた。
彼を思って、言っているのにウルサがられたり、ご飯を食べる事も当たり前、誕生日のパーティーもプレゼントも当たり前。手伝いは頼まないとしない。
私たちの忠告も、ただのウルサいものだから、当然聞かない。

私は常々、子どもには愛を感じれるようになってほしい。というただ1つの願いを持って子育てをしてきた。
だから、どんなに忙しくても手作りの料理や、手作りのバックやスモックを作ったり、どんなに眠くても眠る前の絵本を読んで来た。

でも伝わったのは、何かをしてくれる事=愛だという錯覚。
だから、求めるばかり、あれして!これして!これ欲しい!もっと!もっと!って。
当然見えるのは、モット欲しいのに貰えない現実=愛が無いという錯覚。結果不満と文句。
この前、丸理に手作りのリュックを夜なべで作った。
そのバックを友達も買いたいって言うから作って。と言われた。
でも丸理に『これはお前に作ったママの愛が詰まったものだから、いくら払われても、彼女に同じ物は作れないんだよ』と言った。その行為の奥にある愛を感じれる子どもになってほしいから。

私は行動の真意を見て欲しい。
長男に厳しくしかるのも、手伝いさせるのも、みんな彼のため。
でも、それを恨まれて、それが出来ない事に対して言い訳されて、自分のダメな部分を見詰めないで、楽な方に流されて行く彼らが許せなかった。
だって、蟻とキリギリスだよ。
一生懸命やれば、冬は越せる。
努力しないで、楽ばかりを選んだ結果は必ず自分に回って来る。
ただ、その時反省すればいいけど、その自分でした結果に対して、周りや状況のせいにして責任を取らないような、かっこわるい生き方は私は絶対嫌だし、それを子どもにも許せない。

彼らに言った。
『家族だからって何でも許されると思わないで。今のお前達の生き方は、家族じゃなかったら人間として付き合わない、愛しているけど大嫌いだ。
このまま、自分を反省できずに、自分さえよければいいというまま大人になったら、何の愛も感じられない不幸で淋しい人生を活きる事になるし、そうはさせたくない。
私たちは、お前達を愛しているけど、お前達からは利用されてるようにしか感じられなくて、悲しい。子どもだからという言い訳は、この家では無いよ。親子以前に人間同士だよ。尊重って、愛している相手と自分を大切に思う行動なんだよ。』

私もいままでの子育ての間違いを見詰め返した。
失敗だらけ。だからこの現実。
自分のやって来た事の間違いと向き合う。
彼らは、私の愛しているという感情にあぐらをかいて、その愛を自分のいいように利用していた。
じゃあ、私は?
ハッと気付いた。私がお母さんになるために、この子たちを利用していたんじゃないかって。お母さんをするのに、必要なのは『子ども』じゃないか。
愛って合だから、必ずお互い同じ想いで噛み合ってる。
自分は愛で相手が利用だったら、とっくの昔に気付いている。
同じレベルで噛み合ってたから間違いに気付けなかった。
そんな自分に悔しかった。
愛しているつもりだった自分。でもエゴだった現実。だから、子どもがこうなった責任。
涙が止まらなかった。
それを聞いてパパと海渡が傍に来た。
パパが『今泣いてるママを見て何を感じる?』
『悲しい。。。大丈夫かなっておもう。。。』
『何かしてあげたくならない?』
『。。。。もじもじ』
『オレだったら、こうやってギュッとしたくなるよ。愛って何かしてあげたくなる事なんだよ。だから照れないで、行動するんだ』って。

三人で抱き合いながら泣き合った。
実は数日前から、私が、無い無いと満足しない彼に、大事なのに気付くまで家から出さないと言った。本当に無いという意味を教えてあげる』と心を鬼にした。
卒業パーティーも、誕生日も無し。
苦しかった。彼がどれだけパーティーを楽しみにしてたか知っていたし、私も見たかった。最後になるのも知っていた。でも、それ以上に愛に気付いてほしかった。
逆に愛を感じれないのなら、何をしてもその場限りの快感や現実逃避しか得られない、どこか空しい日々を送るだけだから。

愛するって、厳しいことなんだと始めて知った。
『自分の子どもが』悲しむ姿を見たくないから甘やかして来た。
『自分の子ども』を傷つけないように、甘やかして来た。
その結果愛を感じれない、感謝のない子どもに育ててしまった。
『自分の子ども』以前に、人間同士なのに。

愛って甘いイメージ。でも与える事、許す事で相手が弱くなったり成長できないなら、愛じゃない。しかも、家族だから何でも許さないといけないというのは、宇宙の法則にあってない。
私は嫌いな人でも、愛せるから付き合う。
でも許せない人とは合せないから付き合えない。
それは家族でも仲間でも同じ。
自分の生き方が相手を失う事にもなる事を子供達に解って欲しかった。

100%相手の仕合せを願っての厳しさや行動が愛だと思う。

その表面だけしかみれなくて恨む相手なら、求めあうものが違うということ。家族にはなれない。
家族間で、本物の人間関係が作れないんだったら、外でも作れない。
本物の人間関係の中に、人生の旨味が隠れていると信じている私にとって、これからが本当の育児だと肝に据えてかかって行こうと思っている。

愛って気合いだ。
自分も他人も誤摩化さず、愛する人と、とことん向き合う覚悟が大事だと解った。